東野幸治

写真拡大

28日深夜放送の「東野・岡村の旅猿11 プライベートでごめんなさい…」(日本テレビ系)で、ナインティナイン・岡村隆史東野幸治、女優の佐藤栞里が暴走族らしき集団に遭遇し、恐怖する場面があった。

番組では岡村と東野、佐藤の3人が、山梨県の道志村でキャンプに臨んだ。バーベキューの食材を買い出しに行くシーンでは、東野が運転する自動車に、岡村が助手席に、佐藤と撮影するスタッフが後部座席に乗り込み、近くのスーパーに向かった。

その道中では佐藤の恋愛話に花が咲いていたが、話の途中で対向車線を走る暴走族らしきバイク集団に遭遇した。早々に身の危険を察知したのか東野は「岡村、絶対顔さすなよ!」と忠告し、東野と岡村は顔を伏せ気味にしながら集団を注視した。

しかし、その後も対向車線には大きな音をあげて走るバイクに乗った集団が現れ、あまりの台数の多さに東野は「最悪や」「これはアカン」「ヤバいヤバい」「(スーパーで)鉢合わせやったら最悪やで」と焦りまくる。岡村も「なかなかの台数でしたもんね」「あれ集結したらもう終わりやわ」と恐怖をクチにした。

すると、今度は3人が乗る自動車の後ろに3台のバイクが現れた。ぴったりと後方を走るバイクに、車内は再び緊迫した雰囲気になる。バイクの音に敏感になってしまった佐藤が怯える中、岡村は「降りたら、どつかれるんちゃうか?」と恐怖心を煽る。

一方の東野は「今年50歳やで…なんでどつかれなアカンの?」と岡村の煽りにツッコミを入れると、大ウけしながら「こんな、バイクに怯えながらオレ運転せなアカンの…。怖い」と、バックミラー(ルームミラー)に目をやった。その後、交差点で後方のバイクと別れると、東野は「よかったー」と一言。佐藤も「ほんとによかった…」「ボコボコにされなかった」と安堵の表情をみせていた。

なお、3人はその後、スーパーで買い物をし、元いたキャンプ場にも問題なく戻っていた。

【関連記事】
東野幸治 ニュージーランドのロケで現地の子どもたちに全力で拒否られる
東野幸治 加藤浩次が「スッキリ!!」での司会ぶりに不満「嘘の顔」
TKOの木下隆行が「アイスクライミング」のロケで予期せぬハプニング