直視はしません!男子が「気になる女子」をこっそり見てる瞬間

写真拡大



男子は、なかなか好きな女子のことを直視はしません。理由は簡単で、「好きだってバレたくないから」です。気持ちはわかりますが、全く気づかず見られたんじゃ、相手の好意が伝わりません。そこで今回は、20代男子30人に「好きな女子をこっそり見る方法」について教えてもらいましたので、ぜひ「隠れ・あなたのことが好きな男子」探しにご活用を。

■1.後ろから

「絶好の狙い目は、背後だと思う。好きな女子が後ろを向いてたら、ここぞとばかりに舐め回すように見まくるよ」(営業/23歳)

表現がマジで気持ち悪いですが、一応好きな女子を見てるだけなんで、犯罪者的なアレではないはず。鬼の居ぬ間にとは言いますが、やっぱり、好きな子が後ろを向いてると、「お、チャンス」ということで思わず凝視してしまう男子は多いそうです。ふと振り返ったときに、自然と目が合う男子はあなたのことが好きかもですね。

■2.窓の反射で

「鏡とかあんまりないけど、オフィスの窓が夜になると鏡っぽくなるので、そこで好きな女子を反射させて見つめてしまうときがある。さすがにこれなら見てるのバレないだろってね」(証券/24歳)

電車とかで、窓ガラスを見るとおっさんとかと目が合ってしまって気持ち悪いときがありますが、ああいうことですよね。「反射でなら……」とつい油断して、じっと見てしまうことはよくあるそうなのです。

■3.遠くから

「その子が遠くにいるときのほうが、近くにいるときよりも、まじまじと見てしまう」(公務員/24歳)

これもやっぱり、「バレなさそうだから」でしょうね。ただ、好きでもない限り、遠くにいる人を凝視することはなかなかなさそうなので、もしも目が合ったりして凝視がバレたら、「私のこと好きなの?」と即バレしてしまいそうなんですけどね。

■4.スマホいじり中

「その女子がスマホをいじってるときは、正面からで、かつ、じっくり見つめられる瞬間だから、思わず見とれてしまいがち。とはいえ、わりと頻繁にパッと顔を上げられて目が合って、気まずくなるんだけどね(笑)」(大学生/20歳)

スマホを見てるときって、思った以上に画面に集中してますから、自分の顔を見られてもなかなか気づいてないのかもしれませんね。本当にスマホに夢中だとダメなので、スマホに夢中なフリだけして、こっそりと視界の隅で、あなたのことを凝視してる男子がいないかどうかチェックしてみましょう!

■おわりに

この記事の最大の問題は、「仮に好意が高い男子を見つけられたとして、私はどうすれば!?」というところにありますが、それは自分で頑張ってください。その好意が本物かどうか確かめるためには、ちょっとLINEを送って感触を確かめてみるとか、いろんなやり方があると思いますから。ただ、気づかぬふりをしてばかりいると、これまた知らぬ間に諦められてしまうかもしれませんので、小さくてもいいので、何かしらのアクションはし返してあげたほうがいいとは思いますが。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)