少女時代 ユナ、新ドラマ「王は愛する」スチールカット公開…女神のような美貌に注目

写真拡大

「王は愛する」の少女時代 ユナが“時代劇の女神”への変身を予告した。傾国の美女らしい美貌をアピールしたユナの姿が公開されたのだ。

韓国で7月から放送予定のMBC新月火特別企画「王は愛する」(制作:ユーストーリーナイン、監督:キム・サンヒョプ、脚本家:ソン・ジナ) は、高麗時代を背景に3人の男女のすれ違った愛と欲望を描いた、耽美主義恋愛ファクション(ファクト+フィクション) 時代劇だ。100%事前制作で、ソン・ジナ脚本家とキム・サンヒョププロデューサーが意気投合して、ZE:Aのシワン、ユナ、ホン・ジョンヒョン、オ・ミンソク、チョン・ボソク、チャン・ヨンナム、パク・ファニ、チュ・スヒョンらが出演する。

ユナは劇中で、花のように美しいワン・ウォン(シワン) とワン・リン(ホン・ジョンヒョン) のブロマンス(男同士の友情) の絆を、一瞬にして壊してしまった美しい女性ウン・サン役を務める。特に、ユナはギャップのある魅力を持つ圧倒的な美しさで、歴代級女神の誕生を予告している。

さまざまな作品で“ペワンオル(ファッションの完成は顔)”を証明したユナは、韓国では初めての時代劇出演であるにも関わらず、韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装) を見事に着こなしている。公開されたスチールカットでユナは、変装してガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) の魅力をアピールしたり、清楚な韓服を着て、天から降りてきた天女のようなルックスで人々を感心させた。

ユナは相反するスタイルで“究極の女神的ビジュアル”を披露し、多彩な魅力をアピールする予定だ。何よりも彼は小顔と長い首のライン、女性らしい肩のラインとか弱い体格で、どんなスタイルも完璧に着こなし、劇中でウォンとリンを魅了したサンの美しさを視聴者たちに届けるものとみられ、期待を高めている。

「王は愛する」は、同名の小説を原作にしたファクション恋愛時代劇だ。100%事前制作で現在撮影を終了し、ポストプロダクション(撮影後の作業の総称) を行っている。7月中に韓国のMBCで初放送される予定だ。