先輩の金言を胸に 平本穏が首位発進(提供:JGTO)

写真拡大

<南秋田CCみちのくチャレンジ2017 初日◇29日◇南秋田カントリークラブ(6939ヤード・パー71)>
国内男子下部チャレンジトーナメント「南秋田CCみちのくチャレンジ」が南秋田カントリークラブにて開幕。その初日、金子敬一と平本穏の2人がトータル7アンダーと首位で並んだ。
えっ!あの3ポイントシューターが下部ツアーに出場!?
INから出た金子は18番のイーグルで流れを掴み、バックナインで“31”の猛チャージ。「ショットはボチボチでした」と言った程度だったが「パッティングはどこについても入るんじゃないかというくらい良かった」とグリーン上を制圧した。
もう1人の首位発進、平本穏は「昨日、河井(博大)先輩と沖野(克文)先輩から、ここのコースは飛べばいいってもんじゃないんだ。遠くてもグリーンが見える所に置くことが大事なんだとマネジメントについて教えてもらって、それが大きかった。先輩に感謝ですよ」と先輩の助言も頼りにしながら7バーディ・ノーボギーで駆け抜けた。
だが、今日のビッグスコアにも浮かれることはない。「ここのところ2日目に崩れる事が多いので対して期待もせずやりたいと思います」と無欲で最終日に挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「やっていて、辛くない」 苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビュー#3
「今後も力になっていきたい」宮里優作が熊本被災地に優勝副賞寄贈
男子ツアー、夏季4試合は練習ラウンドの短パン着用がOKに
トム・ワトソンが考える“1億円マッチプレー大会”の意義
【バケモノたちの使用ギア】本当に崖っぷちなのか? 石川遼がやろうとしていること