稲村亜美さん(15年6月撮影)

写真拡大

「神スイング」「神ピッチング」で知られるグラビアアイドル・稲村亜美さん(21)が、一部報道であがった、日本ハム・大谷翔平選手との「熱愛」疑惑について言及した。

口説かれたこともない

2017年6月28日放送のバラエティー番組「良かれと思って!」(フジテレビ系)に出演した稲村さん。同番組は、出演したゲストに関する「世間の声」を紹介し、それを基にトーク形式で進行する。

稲村さんへの「声」として、

「今もこの先も何がしたいのかが分からない」
「どうせ野球選手との結婚を狙ってるんでしょ?」

などと、「辛らつ」なコメントが紹介される。

稲村さんは、本業のグラビア以外にも、始球式などの野球関連イベントや、最近ではゴルフ番組に出演するなど手広く活躍する。

本人も、こうした意見に「良く言われる」と苦笑。

「今もこの先も何がしたいのかが分からない」との声については、「野球を重視したい」とし、6月19日に発売したファースト写真集『どまんなか』でグラビアの仕事は「一区切り」すると宣言。

ただし、ゴルフの仕事は「(野球の)オフ(シーズン)はゴルフで」と意欲を見せる。

「プロ野球選手に口説かれたりする?」と出演者から尋ねられると、「ないです」ときっぱり。「連絡先を聞かれることもない」と答えた。

また、大谷選手と熱愛が報じられた件については、

「ただインフルエンザにかかった時期が一緒なだけです」

と、完全否定した。