大宮がFWマルセロ・トスカーノとの正式契約締結を発表 7月1日から合流へ

写真拡大

▽大宮アルディージャは29日、済州ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWマルセロ・トスカーノ(32)と正式契約を締結したことを発表した。背番号は「33」。7月1日からチームに合流する。

▽マルセロ・トスカーノは、パウリスタやパラナ、フィゲイレンセ、アメリカ・ミネイロなどブラジル国内の複数クラブを渡り歩いた後、2010年8月から2013年1月までポルトガルのヴィトーリアでプレー。2016年1月から済州に活躍の場を移した。

▽今シーズンは、Kリーグ・クラシックで13試合に出場して6ゴール。AFCチャンピオンズリーグでは、グループステージで同居したガンバ大阪戦やラウンド16の1stレグで対戦した浦和レッズ戦で、それぞれ1ゴールを挙げるなど、計8試合に出場した。