ジョゼ・モウリーニョがC・ロナウドよりも獲得を望む選手とは

写真拡大 (全2枚)

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、経営陣にバルセロナのブラジル代表FWネイマール獲得を要望したようだ。英『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 今夏も多くの移籍話が浮上しているユナイテッド。すでにベンフィカからDFビクトル・リンデロフを獲得し、レアル・マドリーのFWアルバロ・モラタやチェルシーのMFネマニャ・マティッチがそれに続くとみられている。

 また、レアルを去ることが噂されているFWクリスティアーノ・ロナウドと再契約かと報じられているが、モウリーニョ監督はレアル時代に冷え切った関係にあった彼に興味はなく、その可能性は低いという。そのため、モウリーニョ監督はエド・ウッドワードCEOにC・ロナウドよりもネイマール獲得を要望したようだ。

 25歳のネイマール獲得には1億7700万ポンド(約257億円)ほど必要とされているが、32歳のC・ロナウドよりもかなり若く、マーケティング面でも大きな影響力があると考えられている。しかしネイマールは昨年10月にバルセロナと新たに5年契約を結び、「僕はここに居たいんだ。チームメイトとも仲が良いし、家のように感じている」と退団の意思はないと語っていた。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2016-17特集

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集