▽日本サッカー協会(JFA)は29日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦の京都サンガF.C.vsアスルクラロ沼津で、差別的な発言を行った京都のDF吉野恭平に対して、3試合の出場停止処分と15万円の罰金処分を科すと発表した。

▽JFAは天皇杯規律委員会で検証の上、吉野の行為が懲罰基準における「差別―人種、肌の色、性別、言語、宗教、又は出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言又は行為により、個人あるいは団体の尊厳を害した場合」に該当すると判断した。この決定により、3試合を出場停止処分が下った吉野は、7月1日に行われる明治安田生命J2リーグ第21節のザスパクサツ群馬戦、9日に行われる第22節のFC岐阜戦、16日に行われる第23節の徳島ヴォルティス戦に出場できない。

▽なお、吉野が所属する京都は「本事象を大変重く受け止め、吉野選手本人の減給、および社会奉仕活動への参加を命じたほか、再発防止に向け、選手およびチームスタッフ、クラブスタッフ全職員の教育を行い信頼回復に努めてまいります。この度は、当事者はもちろんのことアスルクラロ沼津の選手、関係者の皆さまの心を深く傷つけてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。