インターネットより

写真拡大 (全3枚)

(台北 29日 中央社)中正紀念堂(台北市)の衛兵が倒れている姿を捉えた写真が28日までにインターネットに投稿され、関心を集めた。「暑い中ご苦労様」「暑いのに、こんな制服を着て任務に就くなんて」など衛兵を気遣う声が多く寄せられている。国防部(国防省)陸軍司令部は同日、長時間立ち続けたことにより、足がしびれてしまったためだと衛兵が倒れた理由を説明した。

同部によると、この衛兵は26日の勤務時間中に倒れた。任務を全うしようとする気持ちが強く、交代式が完了するまで耐えたため、体調が悪化したと説明している。この衛兵は既に回復しており、今後は衛兵に対する体調確認を徹底し、幹部に対しても注意を促すとしている。

(呂欣ケイ/編集:楊千慧)