任天堂スイッチ、発売3か月で100万台突破!(画像は任天堂のホームページ)

写真拡大

任天堂が2017年3月3日に発売したゲーム機「Nintendo Switch」の売り上げ台数が、販売から3か月で100万台を突破した、とゲーム雑誌のファミ通が6月28日に発表した。

ファミ通によると、現行の据え置き型ゲーム機と比較すると、最も早い到達週数という。

ネットには「すごいね」の声

ファミ通によれば、任天堂スイッチの国内累計販売台数(推計)は101万6473台。ニンテンドースイッチ向けソフトでは、任天堂から2017年4月28日に発売された「マリオカート8 デラックス」が50万2000本を売り上げ、累計販売本数のトップとなっている。

任天堂スイッチの売れ行きについて、インターネットの掲示板などでは、

「200万台ってあっという間に突破しそうだよね 主にスプラとマリオデのせいで、あとゼルダの牽引力」「すでにPS4の1年目より売れてるってマジ?」「ニンテンドーすごいね」「おめでとう任天堂」

といった声があがっている。

なお、集計は2017年3月3日〜6月25日までの期間で、販売週数17週間に実施した。また、「スイッチ」の販売台数について、任天堂は「当社で(数字を)まとめ、発表したものではないので、とくにコメントはありません」と話した。