「アイドル学校」41人の入学生による校歌「綺麗だから」PR映像を公開…明るく元気な少女たちに“視線集中”

写真拡大 (全2枚)

「アイドル学校」の全校生徒が校歌「綺麗だから」を熱唱した。ベールに包まれていた41人の入学生が全員登場し、好奇心をくすぐった。

韓国で7月13日午後9時30分に第1回が放送されるMnet「アイドル学校」は、校歌「綺麗だから」のPR映像を公開し、本格的な始まりを告げた。

「アイドル学校」の校歌PR映像は、昨日(28日) 午後に同番組の公式オンラインチャンネルで公開された。映像は「みんな遊ぼう!」と叫ぶ担任の先生(SUPER JUNIOR ヒチョル) の声で始まる。入学生たちは、ガールズグループTWICEをヒットさせたプロデューサーのブラック・アイド・ピルスンが作詞作曲した校歌「綺麗だから」を歌い、教室、屋上、運動場など、学校の随所でダンスを披露した。「できると信じて」「輝く私を想像して」など、期待とときめきを盛り込んだ歌詞が、明るく活気溢れる生徒たちと相まって視線を集中させた。教科過程を始める前であるにもかかわらず、長い時間一緒だったかのように、ダンスと歌両方で息ぴったりの共演を見せた生徒たちは、7月13日放送の第1回への期待を高めた。

校歌PR映像に続き、本日(29日) から3日間に渡って毎日午後2時に「アイドル学校」の公式ホームページでは入学生の学籍簿、写真が公開される。計41人の入学生の多彩な魅力を放送前に確認し、番組終了後に即時デビューするガールズグループのメンバーを予想することもできる。

「アイドル学校」は、韓国初のガールズグループ教育機関をコンセプトに、潜在的な可能性を持っている生徒たちが「アイドル学概論」「カル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス) への理解」「アイドルメンタル管理学」「発声と呼吸の関係」「ステージトラブル対処述」などの教科を学び、成長していく一学期間の過程をリアルに届けるリアリティ番組だ。

経験と知恵を持つ俳優イ・スンジェが生徒たちを正しい道に導く校長先生として、ガールズグループ専門家と呼ばれるSUPER JUNIORのヒチョルが生徒たちの頼もしい保護者である担任の先生として参加し、信頼性と面白みを与える。校歌から「アイドル学校」のすべての音楽を総括するプロデューサーのブラック・アイド・ピルスン、音楽教師として選ばれた歌手Bada、ボーカルトレーナーのチャン・ジニョン、ダンストレーナーとして選ばれた振付師のパク・ジュニ、歌手Stephanieまで各分野のトップレベルの専門家が生徒たちを集中指導する。コン・ユ、ヒョンビン、チャ・スンウォン、イム・スジョン、イ・ダヘなど韓国のトップスターのトレーナーであり、様々な番組出演でも注目を浴びているジムトレーナーのユン・テシクも体育教師として合流し、生徒たちの健康的でバランスのとれた生活をサポートする。

計11週間の教育後、最終卒業試験を通過した最優秀生徒たちは、今年下半期の番組放送終了と同時にガールズグループとして即時デビューする。