Image: PinoDita/YouTube


にらみを利かせるカイロ・レンが美輪明宏に見えるけど…イイ!

年末の公開が待ち遠しい映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。「ジェダイを終わらせる時が来た」と言うルークの後ろ姿が印象的な特報を、1984年に発売されたApple(アップル)のコンピュータ「Apple IIc」を使って一コマごと作り直したらこうなりました。


Video: PinoDita/YouTube


映像はPinoDitaより。

これを作ったのはニューヨークで活動するアーティストWahyu Ichwandardiさん。33年もののApple IIcでKoalaPad+を使い、元の予告編にあわせてフレームを描いたとのこと。描くだけなら古い機械を使っても難しくはないでしょうが、データの移動が大変そう。描き上げた288枚の画像は48枚のフロッピーディスクを使って近代的なパソコンに移し、そこで画像をつなぎ合わせてオーディオを入れ込んだようです。



Source: Pinot/Twitter


こちらが制作中の光景。アニメーションを作るためには前後のコマを表示させる機能があるとはかどるのですが、そんな機能無かったのでモニタの前に透明なフィルムを貼り付けてそこに手描きで参考となるコマを描き入れるというアナログな手法が用いられています。いやーこの情熱すごい。

Apple IIcは古すぎてよくわかんないや、という方はライアン・ジョンソン監督のお墨付き、16bit風に再現された『最後のジェダイ』特報をどうぞ。

・『スター・ウォーズ』のカイロ・レンが脳をとろけさせてくれる動画

Image: YouTube
Source: Mashable via io9, YouTube, Twitter

(abcxyz)