【六川亨の日本サッカー見聞録】障がい者サッカーの日本代表ユニが完成。第一陣は電動車椅子の日本代表が着用

写真拡大

▽障がい者サッカーの日本代表統一ユニフォームの発表会が6月29日にJFAハウス1階のヴァーチャルスタジアムで開催された。これまで障がい者サッカーは独自路線を歩んできたが、昨年4月に7つの障がい者サッカー競技団体が「日本障がい者サッカー連盟(JIFF)」を設立し、JFA(日本サッカー協会)の加盟団体となった。北澤豪JIFF会長によると「新年度はパートナー企業8社で資金面をサポートしてくれた」そうだ。

▽各団体はそれぞれ日本代表として国際大会に参加してきたものの、ある1つの願いがあった。それは「SAMURAI BLUEと同じユニフォームでワールドカップやパラリンピックに出たい」というものだった。

▽今回、日本代表の統一ユニフォームが発表されるということで、彼らの願いが実現するのか期待したものの、残念ながら希望は叶わなかった。その理由を出席した田嶋JFA会長は「選手はSAMURAI BLUEのユニフォームを着たいとの希望があったが、実現できなかった。それは今まで協賛してきた企業の歴史があるため」と話し、「それでも半歩進んだ」と将来に含みを持たせた。

▽新しいユニフォームは、フィードプレーヤーがオールブルーとオールホワイトの2種類で、GKはオールグリーンとオールイエローの2種類。いずれもアディダス製で、2021年の3月までサプライヤーとしてサポートすることが決まっている。

▽では、なぜSAMURAI BLUEのユニフォームを着ることができないか、田嶋会長の言葉をもう少し詳しく説明すると、日本代表にはオフィシャルサプライヤーとしてアディダス ジャパンが、オフィシャルパートナーとしてキリン3社がある。さらにサポーティングカンパニーとしてセゾンカード、トヨタ、日本航空、みずほフィナンシャルグループ、KDDI(au)など8社がつき、オフィシャルタイムキーパーとしてタグホイヤーがある。

▽ところが、冒頭で北澤会長が述べたように、JIFFにもavexや城南信用金庫、東京海上日動、三菱商事、日本マクドナルドなど8社のスポンサーがいる。さらに各連盟にも、例えば一番スポンサーの多いブラインドサッカーには、アクサ生命保険、全日空、SMBC日興證券、味の素、参天製薬など12社のスポンサーがついている。

▽「簡単に言えばスポンサーバッティングです」と言うのはJIFFの松田専務理事だ。各スポンサーとの契約にもよるが、SAMURAI BLUEを広告に使えるのは日本代表をスポンサードしている企業に限られる。このため、おいそれと「障がい者サッカーもSAMURAI BLUEと同じユニフォームを着ていいですよ」とは言えないのだ。

▽前出の松田専務理事によると「JFAで関連部署が集まり、ユニフォームについて話し合いをしたが、そんなに簡単なものではなかった。7団体と議論して、時間はかかるが、だからといって待ち続けることはできない。統一しようと去年の8月にまとまり、アディダスと相談・交渉し、今年3月に合意した。条件面を交渉し、7団体13チーム全体のユニフォームを作る。このことで7団体は1つになって世界と戦える」ことになった。

▽来月には電動車椅子サッカーの第3回W杯がアメリカで開催される。なんとか完成が間に合って、29日のお披露目となった。日の丸の下には各競技団体のロゴマークが入る。SAMURAI BLUEの八咫烏(やたがらす)の使用に関しても、アディダスとは細かい契約事項があり、現在も契約期間中のため使うことができない。

▽最後に、障がい者サッカーにはどんな競技があるのか簡単に説明しておこう。

・アンプティサッカー(足や手に切断障がいのある人が行う7人制サッカー。義足・義手を外しロフトストランドクラッチで体を支えながらプレー)。

・CPサッカー(脳の損傷によって運動障がいがある人が行うサッカー)。

・ソーシャルフットボール(精神障がいのある人が行うフットサル、サッカー)。

・知的障がい者サッカー(知的障がいのある人が行う11人制のサッカー)。

・電動車椅子サッカー(自立歩行のできない障がいを持った人が行うサッカー)。

・ブラインドサッカー(視覚障がいのある人が行う5人制のサッカーで、GKは健常者が務め、音の出るボールとコーチの声を頼りにプレー。唯一パラリンピックの正式種目)。

・ろう者サッカー(聴覚障がいのある人が行うサッカー。審判は笛ではなくフラッグなどを使用し、視覚情報を頼りにプレーする)。【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。