@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

レズバニのSUVモデル 世界1タフ?

レズバニから、4ドア、5シーターのSUVが発表される。

今回公開されたのはデザインスケッチのみで、見込み客であれば$1,000(11.2万円)のデポジットで予約できる。それも払戻し可能な前払金である。

クルマの名前は未定ながら、レズバニは「過酷な使用に耐える地球上で1番タフなモデル」と発表しており、その装備品リストには、オプションで防弾仕様が設定されている。
 

1,800万円台か? 年内デリバリー開始

2017年末にデリバリーがはじまるものの、いまだ車両価格は明かにされていない。かつて発売されたビーストが、£124,000(1,800万円)という価格付けであったことから、新型SUVも同様か、下回るプライスレンジになると予想される。

コンストラクションは、フレームにボディを架装する方式をとる。スケッチを見る限り、車高は高く、がっちりしたホイールデザインを採用するなど、オフロード志向の強いモデルになっている。

4ドアのSUVとされていることから、左右非対称のドア数か、テールゲートをなくしている可能性がある。
 

レズバニ どんなメーカー?

カリフォルニアを拠点とするこの小規模メーカーは、これまでに

ビースト
ビースト・アルファ

を発売した。

今回のSUVは、詳細は不明ながら2種類のエンジンが用意され、オンデマンド式のAWDと組み合わせるという。ミリタリー調の外観になるが、あくまで乗用車として製造される。


レズバニは、フェリス・レズバニにより2014年に設立。戦闘機のような体験ができるスーパーカー「ビースト」をつくるのがその目的であった。生産規模はごく少量であるが、顧客にはセレブリティのオーナーが多い。