夫の江宏傑(左)と福原愛(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

福原、2005年から中国リーグでプレー 「瓷娃娃(陶器の人形)」と愛される

 女子卓球選手の福原愛(ANA)が29日、公式ブログで第1子を妊娠したことを明かした。かつて中国リーグでプレーし、中国でも絶大な人気を誇ったスター選手の吉報を、現地メディアも「愛が母親に」と速報している。

 3歳から卓球を始め、「天才少女」と呼ばれた福原は、オリンピックに4大会連続出場、2016年のリオデジャネイロ大会を含めて2大会連続でメダル獲得という日本卓球界史上初快挙を成し遂げた。女子卓球界のパイオニアは、2005年から中国リーグでプレー。中国語も堪能でその可愛らしい容姿と泣き虫なところから、「瓷娃娃(陶器の人形)」と呼ばれ、現地でも人気を博した。中国は福原にとって、いわば“第2の故郷”とも言える地だ。

 そんな福原は29日、公式ブログで「私事ですが、赤ちゃんを授かりました」と発表。中国地元紙「騰訊体育」電子版は、「愛が母親に! 江宏傑(台湾)が福原愛の妊娠を発表」と速報した。さらに、記事では夫の江宏傑のSNS上での福原妊娠の発表を紹介したうえで、「大きな朗報」と祝福している。そして、江のメッセージの文面から「彼は第一子が女の子ではないかと示唆しているのだろうか?」と推測している。

福原は自身のブログで秋に出産を予定していることを報告。「夫はいいパパになってくれると思うので、私も負けないくらいいいママになれるよう、赤ちゃんに会えるまでの間しっかり勉強して準備したいと思います!」と幸せな心境を綴っている。

 日本のみならず、中国でも祝福ムードに包まれているようだ。