「古代アンデス文明展」を国立科学博物館で - ナスカの地上絵や黄金の仮面などアンデスの歴史を紹介

写真拡大

「古代アンデス文明展」を上野・国立科学博物館で開催。会期は、2017年10月21日(土)から2018年2月18日(日)まで。

「古代アンデス文明展」は、1994年から約20年にわたり全国22都市、53会場で開催され、400万人以上を動員したアンデス・プロジェクトの決定版だ。ナスカの広大な地上絵や、マチュピチュなど広範囲を統治したインカ帝国など、スペクタクルでユニークなアンデスの文化を約200点の作品で紹介する。

本展では、アンデス地域に人類が到達した先史時代から、16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの約1万5000年の間に、花開いた9つの文化を取り上げた。アンデスへの人類の到達や政治、社会の誕生など、現代からは想像を絶する歴史の神秘が垣間見えることだろう。

当時の原始的な宗教を象徴する黄金の仮面なども登場。黄金の美しい輝きにうっとりとさせられると同時に、そのスピリチュアルな魔力には、ドキッとさせられる。さらには、まるでたった今息を引き取ったような緊張感を持ったチリバヤ文化のミイラや土器なども展示する。

【詳細】
「古代アンデス文明展」
会期:2017年10月21日(土)〜2018年2月18日(日)
会場:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20
休館日:毎週月曜日、12月28日(木)〜1月1日(月)、1月9日(火)
※月曜日が祝日の場合は火曜日。ただし1月8日(月)、2月12日(月)は開館。
開館時間:9:00〜17:00 (金曜日・土曜日は20:00まで)  ※入館は閉館の30分前まで
入場料:
・前売料金 一般・大学生 1,400円 / 小・中・高校生 500円 (8月1日(火)〜10月21日(金)販売)
・当日料金 一般・大学生 1,600円 / 小・中・高校生 600円
※全て税込み
※未就学児は入場無料
※障害者手帳の提示で、介護者1名を含め無料
※会期中1名様1回限り有効
※本券の変更、払戻、再発行は不可。
※本券での本展覧会の観覧で、同日に限り常設展も観覧可能。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)


[写真付きで読む]「古代アンデス文明展」を国立科学博物館で - ナスカの地上絵や黄金の仮面などアンデスの歴史を紹介

外部サイト

  • すみだ水族館で金魚夏まつり「東京金魚ワンダーランド」日本最大全長100mの水槽で約1,000匹が泳ぐ
  • 「ゆかた de カルネ 2017」を小笠原伯爵邸で - ドレスコードはゆかた、邸宅で行う大人の夏祭り
  • 「スヌーピー in 銀座 2017」銀座三越で、おとぎ話を演じるスヌーピーたちの限定雑貨&スイーツ