「地方創生とクールジャパン」(日仏会館公式サイトより)

写真拡大

公益財団法人「日仏会館」は、日仏文化講演シリーズ第311回 パネルディスカッションを、2017年7月15日の14時〜16時30分、日仏会館ホール(渋谷区恵比寿)で行う。

「地方創生とクールジャパン」をテーマとし、地域の文化や物産を発信力に、観光誘致や町のにぎわいを目指す。

ワインを囲んだ懇親会も

基調講演に岐阜県知事の古田 肇氏を招き、取り組みや人材の確保・育成などの課題を聞く。その後フランスや日本の現状と課題と解決への道を議論する。

パネリストは、フレデリック・マゼンク(フランス観光開発機構在日代表)、藤田直志(日本航空代表取締役副社長)、古田 菜穂子(岐阜県観光国際戦略アドバイザー)の3名。

終了後は、ワインと岐阜県特産のお菓子を囲んだ懇親会もあり。

参加費は一般1000円、学生500円、日仏会館会員は無料。

会場場所は、東京都渋谷区恵比寿3-9-25。JR「恵比寿駅」東口下車 恵比寿ガーデンプレイス方面へ徒歩10分。

参加申し込みは、公式サイトから。