趙報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は29日の定例会見で、日本の篠塚隆駐アトランタ総領事が旧日本軍の慰安婦被害者は売春婦だったという趣旨の発言をしたと報道されたことについて、「言葉にできない苦痛を強いられた被害者の心をあらためて深く傷つける極めて不適切な発言で、遺憾に思う」と述べた。

 また、「こうした立場を外交ルートで日本に伝えた」として、慰安婦問題をめぐる合意の精神に反するこうした発言について「撤回と再発防止のための措置を強く求めた」と明らかにした。
 発言内容の確認を取ってから、日本側に対し措置を求めたという。
 篠塚氏は米地元紙とのインタビューで、旧日本軍が第2次世界大戦中に韓国から連れてきた女性の多くを性奴隷にしたという証拠はなく、女性たちはお金を受け取った売春婦だったとの趣旨の発言をしたと報じられた。
kimchiboxs@yna.co.kr