9月にリリースが噂されるiPhone8を前にして、様々なリーク情報が登場しています。中でも多いのが流出したCAD画像をもとに作成されたモックアップやアクセサリーです。今回Mobile Funが動画で紹介している、スクリーンプロテクターと保護ケースも、そうしたものの1つです。

ケースはiPhone7よりも一回り大きい

動画では、すでに販売されているiPhone7との比較が行われています。
 
スクリーンプロテクターについては、サイズこそiPhone7と変わりませんが、目立つのはベゼルの狭さです。iPhone8はディスプレイの領域が大幅に増え、ベゼルレスに近いデザインを採用すると言われているほか、ホームボタンやTouch IDもディスプレイ内に埋め込まれると考えられています。
 

 
一方で保護ケースは、明らかにiPhone7より一回り大きいサイズであることが、動画から確認できます。特に目立つのが、デュアルカメラ用の穴です。
 

 
デュアルカメラ自体はiPhone7 Plusからすでに採用されていましたが、iPhone8ではAR/VR(仮想現実/拡張現実)向けのヘッドセットに本格対応するために、カメラの配置が縦向きとなる予定です(ヘッドセットには端末を横向きに挿入するため)。
 

 
また、電源ボタンのサイズも大きくなっていますが、こちらも新機能が搭載されるのでしょうか。Appleは電源ボタンにTouch IDを搭載する技術の特許を取得済です。
 

 
 
Source:YouTube
(kihachi)