高副報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は29日、任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長の主宰で首席秘書官・補佐官会議を開き、文在寅(ムン・ジェイン)大統領訪米中の青瓦台の勤務体制を点検した。

 高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台副報道官はこの日、書面を通じ「文在寅大統領の米国訪問期間中、非常勤務体制がきちんと稼働しているか点検した」とし、「安全管理に抜かりのないよう、非常対応体系をどのように運営するかも議論した」と明らかにした。
 また「任秘書室長は昨日稼働した非常連絡網で、青瓦台の全職員が業務と報告体系構築を抜かりなく進めているか確認した」と強調した。 
ynhrm@yna.co.kr