マラドーナにぶち殺すと脅された…元オアシスのリアムが衝撃の告白

写真拡大

 “神の手”、5人抜き、薬物…ピッチ上でもピッチ外でも話題に事欠かない元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ。数々の伝説を打ち立ててきたレジェンドにまた新たな伝説が生まれたようだ。

 イギリスメディア『VICE Sports UK』が25日に投稿したビデオで、インタビューに答えた元オアシスリアム・ギャラガーがマラドーナに会ったことについて聞かれると「あの時はアルゼンチンにいた。ライブをやって、すぐにバーにいってクソみたいに飲んでいた。したら30人くらいが逃げ込むように入ってきて、俺らは『あのくそったれはだれだ?』ってなってた。スティングは隣で泣いてたけどな、控え室が荒らされてたみたいだ」

「まあそれは置いといて、あれがマラドーナだって気づいたんだ。クソみたいなやつらとクソみたいな女を連れて2階に上がったっていった。『俺らも上行ったら会えるんじゃねえか』って感じでクソったれ通訳に言ったら『よし。行くか』って。通訳がマラドーナに許可を貰いに行って帰ってきたら『ギャラガー兄弟だけは上がっていいって言われた』って。俺らは他のバンドメンバーに『またな』って言って上に上がった」

「部屋へ入るといろんな“アクティビティ”が行われていて、マラドーナは部屋の真ん中でペットボトルのふたでリフティングしていた。なんかムーディーな感じだったから『さくって写真とってずらかろう』って言った。したらマラドーナが何か言ったみたいで通訳に聞いたら『もしお前らがここの女を連れて行ったらぶち殺してやるってあいつらに言え』って教えてくれたんだ」と激白。マラドーナに脅迫されていたことを明かした。

 音楽界のレジェンドを脅すサッカー界のレジェンド。マラドーナのスター性がうかがえるエピソードだった。