『続・哲学用語図鑑』(プレジデント社刊、田中正人著、斎藤哲也編集・監修)

写真拡大

11万部超のベストセラーとなった『哲学用語図鑑』から2年。ついに『続・哲学用語図鑑』(田中正人著、斎藤哲也監修)が発売となります。目玉は「日本編」と「中国編」。書籍に収録した全70人の哲学者のうち、今回は「日本編」から、西田幾太郎、田辺元、三木清、九鬼周造、和辻哲郎、鈴木大拙の6人を紹介します。その哲学がギュッと詰まったイラストをご堪能ください――。

■日本に「哲学」という概念はなかった

「哲学」という言葉は、philosophyに対する日本語がなかったので、明治期に西周が作った訳語です。それまで日本人は、西洋人のように、哲学(論理)と宗教をはっきりと分けて考えてはいませんでした。日本の思想は、習慣、修行、儒学、仏道などの融合体だったからです。

「哲学」という言葉がなかった以上、「哲学」という概念は日本には存在しませんでした。同じく「宗教」という言葉も概念も明治以前にはありませんでした。たとえば、親鸞や道元などの思想は、「哲学」や「宗教」といった概念で成り立ってはいないので、彼らを哲学者とはあまりいいません。もともと西洋の概念であった「哲学」という言語を日本の思想にあえてあてはめる必要はないわけです。

ただし、日本の大学機関では、仏教思想を「インド哲学」と呼ぶこともあります。また、「東洋」という呼び方も注意が必要です。「東洋」は「西洋」の勢力拡大とともに、普及した概念だからです。日本でも明治期に入って「東洋」や「東洋学」という概念が西洋から入ってきました。

本書は、日本に「哲学」という概念が生まれた後の哲学者を紹介します。この意味では、西田幾多郎が最初の哲学者です。その後、西田を引き継いだ哲学者たちは京都学派と呼ばれています。

▼西田幾太郎

石川県河北郡宇ノ気村(現・かほく市)生まれ。京都学派の祖。1886年、石川県専門学校(翌年、第四高等学校に移行)に入学。同級に、生涯の友となる鈴木大拙がいる。1891年、東京帝国大学文科大学哲学科に選科生として入学するが、本科生に比べて差別的な扱いを受けたという。卒業後、金沢第四高等学校の講師、学習院教授を経て、1910年に京都帝国大学助教授に就任。1945年、75歳で死去。

▼田辺元

東京神田猿楽町(現・千代田区)生まれ。東京帝国大学数学科に入学後、哲学科に転科。卒業後は、大学院に在籍しながら、母校、城北中学で教鞭を執る。東北帝国大学講師を経て、西田幾多郎の招聘により、1919年に京都帝国大学文学部助教授就任(27年より教授に就任)。終戦の直前に退官し、北軽井沢に隠棲。西田幾多郎とともに、京都学派の基礎を築いた。1962年77歳で死去。

▼三木清

兵庫県生まれ。京都帝国大学哲学科卒業後、ドイツ、フランスへ留学し、ハイデガーから強い影響を受ける。帰国後、1927年に法政大学教授就任。マルクス主義を哲学的に捉える論文を数多く発表した。1930年に日本共産党への資金援助の嫌疑で検挙・拘留され、法政大学を退く。1945年、共産主義者をかくまった嫌疑により検挙・拘留。終戦後、刑務所内で病死。

▼九鬼周造

東京芝(現・港区)に、男爵九鬼隆一の四男として生まれる。東京帝国大学哲学科、同大学院を経て、1921年からヨーロッパへ留学。ドイツではリッケルト、フッサール、ハイデガーに学び、フランスでベルクソン、サルトルと親交を結んだ。帰国後、京都帝国大学で教鞭を執り、ハイデガー哲学をはじめ、当時最先端の西洋哲学を紹介した。1941年、53歳で死去。

▼和辻哲郎

兵庫県仁豊野(現・姫路市)に医師の次男として生まれる。東京帝国大学哲学科卒業後、東洋大学講師、法政大学教授を経て、1925年、西田幾多郎の招きにより京都帝国大学助教授就任、34年に東京帝国大学教授就任。50年、倫理学会を発足させ、初代会長を務めた。日本精神史、日本文化史に関する研究・著作も多い。1960年、71歳で死去。

▼鈴木大拙

加賀藩医の四男として生まれる。本名、貞太郎。学生時代から鎌倉・円覚寺の今北洪川、釈宗演に師事。東京帝国大学哲学科選科修了後、1897年に渡米し、仏典の英訳・紹介を行う。1909年に帰国、学習院教授を経て大谷大学教授に就任。万国宗教史学会東洋部副会長に就任したほか、戦後は欧米の大学で講演・講義を行うなど、世界的に活躍した。1966年、95歳で死去。

----------

著:田中 正人(たなか・まさと)
1970年生まれ。ロンドン芸術大学ロンドンカレッジ・オブ・コミュニケーション卒業。
MORNING GARDEN INC.において、グラフィックデザインを中心に書籍の企画、製作を行う。
監修:斎藤 哲也(さいとう・てつや)
1971年生まれ。編集者・ライター。
哲学・思想から経済・ビジネスまで、幅広い分野の書籍の編集や構成を手がけるとともに、書評・ブックレビューなども執筆。

----------

(田中 正人、編集者・ライター 斎藤 哲也)