相撲好き女子が目をつけたのは?

写真拡大

 相撲ブームが沸騰している。「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、取組の際に力士を呼び上げたり、タオルや塩の管理などを行う「呼び出し」について尾崎氏が綴る。

 * * *
 二〇一一年九月場所。夕方に当日券を買いマス席に座ると、近くに知人がいた。アメリカで暮らしているという三十歳くらいの娘さんを連れていた。

「誰がお好きなんですか?」

 そうたずねると、娘のAさんは土俵を指さし、あの人です! と言った。私は、今は誰対誰かと取組表を見たのだが、Aさんが好きなのは、呼び出しの大吉なのであった。初恋の人は朝潮(大関)で、そして今は大吉のファンなんです、と頬を赤らめた。私は息を飲んだ。「一番好きな相撲人」が呼び出しだとは。私なりに分析すると、大吉はかつての高見山にも通じる、高砂部屋に生息するコミカルモンスターというタイプである。

 テレビで相撲中継を見ていると、力士は花道から控え、取組と、一日あたり五分程度しか映る時間がないけれど、タオルや塩の管理をする呼び出しは丸々一時間は映り続ける。私がまず覚えたのは、おぼっちゃまっぽい太助といたずらっ子のような三白眼の重太郎のデュオだった。

 ネットオークションで落札したベースボール・マガジン社『相撲』一九九八年十一月号に「呼び出し身長体重番付」が載っている。重太郎は七十六キロで体重十四位にランクインしていた。九重部屋のちゃんこが美味しすぎて太ってはダイエットを繰り返しているそうだ。

 身長一位体重三位(百七十九センチ、九十七・五キロ)の安喜夫(現・照喜)は序二段力士であったからうなずけるのだが、二位の琴吉に四十キロの差をつけてぶっちぎりの体重第一位は、百四十二・五キロの大吉だ。前年には百五十キロを超えていた(お腹に触ると麻雀で勝てる、と記者に人気)。

 大吉は、力士志願だったが身長が足りず呼び出しになった。マンゴーのように張った全身から美声を響かせる。Aさんは「もしも自分が力士だったら大吉に呼び上げられたら絶対に勝てる、逆に某三役呼び出しだったらエネルギーが削がれてしまう」と言う。なるほど、大吉の太い声には「うん! がんばるぞ!」と思えてくる気がする。同時に対戦相手も大吉に呼ばれているわけだが、そこはAさんには気にならないらしい。

 Aさんは血縁者のいる岩手出身の熊谷(現・錦木)を応援しているが、大吉以上に光っている人物は世界中をさがしてもいないと言った。グローバルに生きるAさんの目から見て、007ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグもウィル・スミスも、大吉には遠く及ばないらしい。

 現在相撲専門誌が三誌もあるのだから、呼び出し、行司、床山の身長体重を記載してほしいと切に願う(取組の際に力士よりも大柄な行司や呼び出しにおどろくことがあるのだが、そのサイズを調べようがなくさみしいのだ)。

 先の五月場所前日の振れ太鼓を見に行ったのだが、重夫(一九九八年の九十キロよりはだいぶ絞れているように見える)がリーダーのチームに大吉もいて楽しかった。いつもは参加している重太郎の姿はなかったが、代わりにとても若い呼び出しが汗をかいて立ちまわっていた。

 一九九二年沖縄県生まれ。中学時代は全国大会に出場し、高校総体にも補欠登録された相撲の選手だった。力士になってもよさそうな経歴だが、白血病の持病があり力士は断念。相撲に関わっていたい、と呼び出しになった海人だった。

 力士になれなかった者や、子供のころから「呼び出し以外の人生はありえない」と決心していた大将のような者など、いろいろな動機で呼び出しになった少年たちがいる。呼び出しは、番付表や取組表に名前の記載される十両以上の有資格者になるのに十五年ほどかかる。

 住居や食事は約束されているけれど、月給は幕下格で十万円未満、序二段の海人は三万円未満である。少年達はよくそんな道を歩く覚悟をしたものだ、と思う。見守ろう、という気持ちはまったくない。おそれいってしまうから。

※週刊ポスト2017年7月7日号