Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ミュージシャンのフィル・コリンズを父にもち、『白雪姫と鏡の女王』で大きな注目を集め、『ハッピーエンドが書けるまで』などに出演する若手人気女優リリー・コリンズ。この度、彼女が主演を務める『心のカルテ』が、Netflixにて7月14日(金)より配信されることが決定した。
手に負えないほど深刻な拒食症障害を持つ20歳の女性、エレン。何度も入退院を繰り返しながら克服を試みるも、回復には及ばないどころか体重は減り続ける一方。複雑な家庭環境に育ったエレンの家族が最後の望みをかけて彼女を入れた場所、それはある型破りな医師が運営する若者向けのグループホーム。エレンは常識はずれな規則に戸惑いながらも、次第に同じ症状に悩む仲間や医師に支えられていく…。

本作はテレビ界のベテラン、マーティ・ノクソンが初の長編映画監督に挑戦した作品。“依存症”という精神病と真に向かい合い、ありのままの自分を受け入れることを覚えていく、1人の女性の姿が描かれている。ノクソン監督は、自尊心と向き合う辛さを誠実に描きながら、新鮮なユーモアも織り交ぜ、演出家としての才能を本作で発揮している。

主演のリリーが、本作で女優としてのキャリアをさらに開花させているほか、『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』シリーズのキアヌ・リーヴスや、キャリー・プレストン、リリ・テイラーなど豪華スターも共演している。

『心のカルテ』は7月14日(金)よりNetflixにて配信開始。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
リリー・コリンズ、摂食障害の過去を告白
【特別映像】リリー・コリンズ×ローガン・ラーマン、“仲良し”インタビュー到着!
【予告編】リリー・コリンズの愛あふれるコメントも到着『ハッピーエンドが書けるまで』
【予告編】カン・ドンウォン、時を超えて初恋の人に逢いに…『隠された時間』
【予告編】ワンダーウーマンも大活躍!“超人スカウト作戦”始動『ジャスティス・リーグ』