26日、韓国の小学4年生のテストで出された「『申し訳ない』の語を使って文章を作りなさい」の問いに対するある男児の回答が話題になっている。写真は男児の父親が投稿した答案用紙。

写真拡大

2017年6月26日、韓国の小学4年生のテストで出された「『申し訳ない』の語を使って文章を作りなさい」の問いに対するある男児の回答が話題になっている。韓国・YTNが伝えた。

この回答は、男児の父親という人物が、インターネットコミュニティーに息子の答案用紙の画像を投稿したことで注目を浴びた。父親は「妻が送ってくれて会社で見たけど、泣きそう…」とつづっている。

投稿された答案用紙には、子どもらしい筆跡で「僕は、夜遅くまで働くお父さんに申し訳ない。なぜなら、夜遅くまで働いてくれているのに何もしてあげたことがないからだ」との回答が書かれていた。これに先生は赤で大きく丸を描いて正解としている。

父親は、「息子を育てたかいがあった」とあふれる感動を隠せなかったようだ。

投稿に対しては、韓国のネットユーザーからも「真の家庭教育の成果と息子の人格が分かるね。これからもお幸せに」「感心な息子さんですね。私もいつも両親に申し訳なく感謝してるけど、気持ちを表現したことはないかも。お父さん、お母さん、ありがとう。愛してます」「なんだか今日は楽しく仕事できそう。心温まるニュースをありがとう」と感動コメントが続々と集まっている。

その他にも、一生懸命家族のために働くお父さんとみられる人たちから「うらやましい」「僕も泣きそう」「幸せなお父さんだね」「夫は妻が少しでも理解してくれたら駆け出したくなるほどうれしいし、子どもが少しでも理解してくれたら飛び上がりたくなるほどうれしいもの」と世の中の父親の気持ちを代弁する声も上がった。(翻訳・編集/松村)