“デビュー6周年”B1A4「僕たちの音楽には、その時期のB1A4の情緒が滲み出る」

写真拡大 (全4枚)

僕たちが6歳の頃、かつての赤ちゃん言葉からはっきりと喋れるようになり、ヨチヨチ歩きだった足は速くなっていった。「大きくなったら何になりたい?」と尋ねられると、10本の指が足りないくらい夢を数えていった。B1A4のデビュー6周年は、すくすくと育つ6歳の子供に似ている。好きな音楽やステージ、活動、そしてファンに対して尋ねると、子供のように無邪気な顔でひっきりなしに答え続けていたキラキラ輝く6歳のB1A4。

――デビュー6周年を迎えた。

ジニョン:時間が経つのが早い。デビューしたのは一昨日だったような(笑) その分年齢も重ねたので、もっと一生懸命頑張りたい気持ちだ。

ゴンチャン:6年間、ファンが僕たちと一緒にいてくれた事がまず1番有り難い。今後どんなことが起こるのか楽しみだ。ファンミーティングやコンサートをするときは、時間がゆっくりと流れてほしいけど、1日1日は早く過ぎてほしい。ファンともっと多くの時間を一緒に過ごしたい。

――メンバーたちが一緒にいた時間は6年以上だ。以前と変わった、もしくは変わらない事は?

サンドゥル:とりあえず、僕の食欲は一貫している(一同笑)

バロ:メンバー同士がお互いに気楽になった。練習生から一緒だったので、もう9年近くなる。友達みたいで家族のようでもある。

――メンバーを家族に例えてみると?

サンドゥル:ジニョン兄さんは憎たらしい5歳児! (一同笑) シヌゥ兄さんはその下、3歳くらい。1番可愛い時期。

ゴンチャン:サンドゥル兄さんは“中二病”にかかった思春期だ。

サンドゥル:高校1年生にしてくれ。

バロ:僕は大学1年生。最近あちこち旅行に行ってみたいと思っている。

ジニョン:ゴンチャンは50代みたい。

バロ:いいや、ゲーム好きだから小学生!

サンドゥル:ゲームは年齢とは関係ない。ゴンチャンは30代の兄貴みたい。

バロ:いやいや小学生だよ。いたずらも多いし。

シヌゥ:それなら小学生でいこう。ゴンチャンがいたずらしているのを見ていたら可愛い。

サンドゥル:小学5年生の班長にしよう!

――“憎たらしい5歳児”のジニョンや、“1番可愛い3歳”のシヌゥの理由が気になる。

バロ:シヌゥ兄さんは、もともとよく考える人で真面目なほうだった。だけど最近可愛くなっている。前はコーヒーを1杯飲むにしても何を飲むか悩んでいたが、最近はアイスアメリカーノ! アイスチョコ!

ジニョン:僕はまだイチゴヨーグルトスムージーが好き。

サンドゥル:これが“憎たらしい5歳児”なんだってば。あんまり売られてないものを好む。買ってあげなかったら店の前で駄々をこねる(笑)

――デビュー6周年を迎えたB1A4の色は?

サンドゥル:B1A4は僕たちが作った曲をアルバムに収める。5人が一緒に過ごし、感じる事を曲に収めていたら、その時期のB1A4の情緒が音楽に滲み出るんだ。それがB1A4の色じゃないかな。

バロ:言葉で定義することは曖昧だ。代わりに周りから話を聞いてみると、「B1A4は、B1A4が上手く表現できる事をやっている」と言っていた。

ジニョン:こんな言葉を聞くと嬉しい。音楽を聴いた時、「ああ、これがB1A4か」と分かってくれると、それが競争力になるんだと思う。僕たちの目標はそれだった。僕たちにしかない色を持つグループになること。それでも未だ悩んでいる。

バロ:楽しい悩みだ。皆で楽しみながら音楽で悩みを解いている。

――上半期には海外活動に注力した。今年2月に米国4都市ツアーも行った。

バロ:アメリカツアーは数年ぶりだった。いつも感服してしまう。今回も多くの方が見に来てくださった。

サンドゥル:通常、米国のファンは僕たちの歌で英語の歌詞しか一緒に歌わないが、今回のツアーの時、現地の男性ファンが韓国語の歌詞までも一緒に歌ってくれて驚いた(笑)

――国籍も人種も言語も異なるファンが、B1A4を好きになる理由は何だろう?

ジニョン:僕たちもそれが気になる。韓国では僕たちの親しげなイメージを好んでくれている。一方、海外ではそんなにしょっちゅう行けないのに好きになってくれるのを見ると、また違うポイントがあるんだろうか?

バロ:だから僕が尋ねた(笑) アメリカに住んでいる知人に聞いたところ、多くのK-POPアーティストの中でも、B1A4が団結した時に見せるエネルギーが好きな方がいるんだと言っていた。

――K-POPアーティストといえば、キレキレの群舞を思い浮かべる。一方、B1A4のステージは、感性的で自由だ。

シヌゥ:それは工夫だ。

ジニョン:(真剣な目で) だけど本当にキレキレの群舞を踊れと言われればできる。

サンドゥル:ただあまりにも鋭すぎて、見る方が切れちゃうんじゃないかと思ってやらないだけ(一同笑)

シヌゥ:僕たちは、皆で一緒に楽しむ音楽を好み、そのような曲を作る。パフォーマンスにもそれにふさわしく出てくるんだと思う。

――B1A4が進出してみたい国は?

バロ:海外公演をするたびにファンが、もっと多くの国に隠れファンがいるって言うんだ。韓国活動を頑張りながら、海外での活動も度々やらなきゃなと思っている。

ジニョン:英国で公演をしてみたい。経由しただけで空港しか行ったことがない(笑)

バロ:アフリカも行ってみたい。動物たちが走り回る草原で公演をしてみたい。

ゴンチャン:ライオンに噛まれたらどうするの?

バロ:(聞こえないふり) 広い自然と屋外で…。

ジニョン:Bluetoothのスピーカーで音楽流したらいいかも。

サンドゥル:空港で買って行こう。

――アルバムごとに全部自分たちで手掛けている。3rdフルアルバム「Good Timing」は、ジニョンがプロデュースし、シヌゥの自作曲を多数収録した。

ジニョン:みんな音楽がとても好きで(プロデューサーとしての) 可能性はある。

サンドゥル:だけどジニョン兄さんを隣で見ていたら、プロデューサーは出来なさそう。寝られないし、アレンジしてミックスしてマスタリングして…。

バロ:特にアルバムを作業する時(ジニョンが) とても気の毒だった。兄さんはバラエティ、ドラマにも出演してアルバムまで準備する姿を見ると、僕だったらどうやりこなしていたか想像もつかない。

――2016年は本当に「ジニョンの年」だった。休む暇もなく活動した。Mnet「プロデュース101」「音楽の神2」、KBS 2TV「雲が描いた月明かり」、B1A4のアルバムまで。

ジニョン:それでも楽しかった。もし、他の作曲家が書いた曲をもらってプロデュースしただけだったらまた違ったはずなのに、「Good Timing」は、メンバーが一緒に考えて作った曲を作業し、また久しぶりにファンに見せてあげるんだという思いで、楽しくできた。曲をしっかり整え、メンバーやファンに早く聴かせたかった。ミキシングやマスタリングをする時も、メンバーたちの反応が良かったら気分は最高だし、達成感がある(笑)

シヌゥ:プロデューサーとしてのジニョンがそんなスタイルだ。一緒にアイディアを共有しながらアルバムを作っていく。

――ジニョン以外にもメンバー全員それぞれの場所で苦労している。シヌゥはミュージカル、サンドゥルはソロアルバム、バロとゴンチャンはドラマで活躍した。

バロ:メッセンジャーの団体チャットルームでいつもお互いをモニタリングしている。

シヌゥ:ドラマのシーンをキャプチャーして送ったり、SNSに宣伝してくれる。昨年、サンドゥルと僕はミュージカル「三銃士」にダブルキャスティングされた。その時バロは同じ公演を3回観た。ゴンチャンは1日2回観た。簡単なことではないのに、とても有り難かった。

バロ:3回も観ても面白かった。同じキャラクターであっても、シヌゥ兄さんとサンドゥルそれぞれの表現は違うから。

――みんな、義理が凄いね。

ジニョン:だけどドラマは不利なんだ。(シヌゥ、サンドゥルに向かって) お前たちもドラマの撮影現場に来いよ!

バロ:そうだ。ドラマを撮る時はメンバーは連絡だけでしか応援してくれない。でもユ・ヨンソク兄さんとソン・ホジュン兄さんは撮影現場に応援しに来てくれた。

シヌゥ&サンドゥル:行くよ、行くよ!

ジニョン:ドラマの撮影現場にカフェワゴンを贈ること!

サンドゥル:約束するよ。(一同歓声)

――ゴンチャンにお祝いすることがある。先日Webバラエティ「存在自体が優れているスター〜動く画像ラッシュ〜」に出演した。ボーイズグループの中で際立つビジュアルを持つメンバーが出演するバラエティだが、「顔の天才」として認められた。

ゴンチャン:VIXXのホンビン兄さん、ASTROのチャ・ウヌ君など、多くのアイドルが出たが、僕が最後に出演した。やっぱり僕は最高の能力者なんだなと(一同笑)

ジニョン:ゴンチャンは、本当にトップクラスの容姿だ。

サンドゥル:デビュー前に、練習生になるためソウルに上京する時、(メンバーと) 最初に映像通話で挨拶をした。その時ゴンチャンの顔を見て、絶対ソウルに行かなきゃと思った。人生の中で、僕が見た1番ハンサムな人だ。

――個人活動で出てくる悩みをメンバー同士で話し合ったりする?

ジニョン:僕が一緒に仕事したことのない監督の事をメンバーが知っている時は、あらかじめ現場の雰囲気を聞いて行ったりする。

シヌゥ:バロが先日のWebムービー「目を閉じる」に出演し、キャラクターの事でたくさん悩んでいた。

バロ:「目を閉じる」で視覚障害者のふりをする歌手の役を引き受けたが、前作のKBS 2TV「マスター-ククスの神」でもサイコパス殺人鬼を演じた。2つのキャラクターの感じが似ているとでも言おうか。ディテールな設定でどう違いを出すかについて悩んだ。

ジニョン:バロは続けて難しい役柄を演じている。だけど作品を重ねる度に、見る人も夢中になる演技をしている。頑張ってるよ。

――「目を閉じる」はキャラクターもキャラクターだが、Webムービーというジャンルもちょっと変わった感じだ。

バロ:低予算で製作されているWebムービーが有料化されて出てきたのは、「目を閉じる」が初めてだ。この作品を皮切りに、多くの低予算映画がもっと大きな舞台で観客たちに会えたら良いなと思う。そして、映画に出演する俳優たちにも多くのチャンスがきたらいいな。そんな気持ちで「目を閉じる」に出演することになった。

ジニョン:短編映画はもちろん短編ドラマも、本当に良い作品がそれだけの関心を受けられない場合が多い。みんなで努力する部分だと思う。

――シヌゥとサンドゥルが活躍するミュージカルにおいても、ファンは限られている方だ。

シヌゥ:その通り。今までミュージカルを続けてきながら感じている。僕をはじめ、多くのミュージカル俳優の方々、演出、制作陣が頑張ってるので、もう少し多くの人々から愛されたい。こんな事は、誰か1人の問題ではない。社会的に人々が色んな文化コンテンツに興味を持つ雰囲気が形成されることを願う。

――6年を振り返って、お互いが力になった日を思い出してみよう。

ゴンチャン:僕がとても具合が悪い日があった。普段は具合が悪くても言葉にするタイプじゃないのに、その日はあまりにも大変でスケジュールを休んだ。それが申し訳なくて、兄さんたちが出発する前に、車まで行って謝った。そしたら兄さんたちが口を揃えて、「ゆっくり休んで治すのが優先だ。お前の空席は俺たちが埋めるから」って言ってくれた。バロ兄さんは、お粥とかあれこれ持って、家に持ってきてくれた。

バロ:だけど空席は埋められなかった。

ジニョン:ゴンチャンの顔から出る輝きは、僕たちでは埋めることができなかった(一同笑)

――もう2017年度の半分が過ぎた。それぞれ中間スコアをつけてみよう。

ゴンチャン:僕は40点。今後残りの6ヶ月の間に60点を埋めなきゃならない。

バロ:僕は90点あげたい。10点以上埋めてプレゼントもらおうっと! (一同笑)

サンドゥル:僕は120点満点中60点。

ジニョン:120点満点ってなんだよ。

サンドゥル:1年は12ヶ月だから! 今年上半期は韓国活動を多くできなかったが、みんな昨年3rdフルアルバムを出す前から今まで、海外活動でも個人活動でも休まず臨んだ。

ジニョン:僕は50点あげる。

シヌゥ:僕は5点だ。満足していない。もっと頑張らないといけない(笑)

――そしたら、残りの2017年、100点(サンドゥルは120点) を埋めるためにやりたい事とは?

サンドゥル:ファンの方々がご覧いただける活動をたくさんしたい。自主制作リアリティ番組。メンバーそれぞれ旅行に行って帰ってきたら言う言葉がある。「今度はメンバーたちと一緒に行きたい」と。お互いが自分が行ってきた場所を紹介する番組を作っても良さそう。

ゴンチャン:B1A4のメンバーで「花より青春」みたいなリアリティ番組をしてみたい。僕たちしかいない時に出てくる本当の姿、僕たちの話を見せたい。

シヌゥ:僕は、アルバムがたくさん出せたら良いな。気持ち的には週に1曲ずつ出したい(笑) B1A4がステージに上がって、新たに音楽を作り、そんな姿をお見せすることがファンの方々にとって良い贈り物になりそう。

ジニョン:絶対フルアルバムじゃなくてもいい。プロジェクト、シングル、コラボレーションの音楽活動もしてみたい。放送活動をしなくても、もっと多くの音楽を聴かせたい。そしてメンバーそれぞれ魅力をたくさん持っている。今それぞれの活動分野以外にも、たくさん挑戦できたらいいな。

――メンバー同士、個人活動するのにおススメしたいのは?

ジニョン:サンドゥルは、シチュエーションコメディ演技も上手そう。

サンドゥル:スパイシーな役をやってみたい!

ジニョン:ゴンチャンはドラマで、インターネット小説の男性主人公のキャラクターをしてみたらいいかも。バロは俳優の顔だから、映画の演技にも領域を広げたらいいかも。

ゴンチャン:演技だけでなく、歌でも様々なジャンルを見せたい。ジニョン兄さんはDJも上手い。また、サンドゥル兄さんは、BIGBANGのD-LITE先輩のように演歌を歌って欲しい。

サンドゥル:僕はこんなにも多彩多能なんだ(一同笑)

バロ:シヌゥ兄さんはソロアルバムを出して欲しい。兄さんはダンスのラインが綺麗だから、ダンスのジャンルで。

ジニョン:(笑) みんな本当に引き受ける色んな事をしっかりやりこなすから、僕たちはこんなにも欲心が多いんだ。