北京軌道交通西郊線の万安公墓駅から頤和園西門駅の区間で26日、ライトレールの運行調整テストがスタートした。

西郊線は北京初のライトレール路線で、頤和園や香山、北京植物園などの観光スポットをつなぐ。全長約9キロメートルで、路線には6駅が設けられており、その最高運行スピードは時速70キロメートルとなっている。計画では年末には開通と試運転を行うとしている。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YK)