レアル・マドリーが獲得を狙うU21スペイン代表MFダニ・セバージョス【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーがベティスに所属するU21スペイン代表のMFダニ・セバージョスの獲得に本腰を入れるようだ。スペイン紙『アス』など複数メディアが伝えた。

 レアル・マドリーはこの若手MFと5,6年の長期契約を結ぼうとしており、来季はひとまずマドリーからのレンタル移籍という形で現所属のベティスにとどまれせ、着実に経験を積ませるようだ。移籍金は1500万ユーロ(約18億6000万円)とされているが、マドリー側はそれを上回る金額を支払うつもりでいるという。

 セバージョスは20歳という若さながら今季リーグ戦30試合に出場。背番号10を与えられていることからも既にクラブから絶大な信頼を得ていることが分かる。

 また現在はU21欧州選手権を戦っており、これまで4試合中3試合に出場している。持ち前のボールキープ力、テクニックで相手を圧倒するなど、スペイン代表の決勝進出に貢献している。ただ、本人も準決勝の前には『El Partidazo』のインタビューにて「今は代表に集中している」と語っていたように、移籍話は大会が終わってから本格化ということになりそうだ。

text by 編集部