元SISTAR ヒョリン&Kisum、コラボ曲「FRUITY」本日(29日)公開…爽やかなトロピカルサウンドに期待

写真拡大

“サマークィーン”元SISTARのヒョリンと“ホットなラッパー”Kisumが出会い、爽やかな夏のシーズンソングを披露する。

ヒョリンとKisumは本日(29日) 午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じて新曲「FRUITY」を公開する。

「FRUITY」は、ラチェットジャンル(Ratchet:LA発のニューサウンド) をベースにしたファンキーなギター曲だ。イントロから流れる爽やかなリズムのギターとトレンディなベルの音は、世界的に流行っているトロピカルサウンドで夏によく似合う爽やかな感じを与える。

曲を聴いていると、まるで美しい浜辺で休暇を楽しんでいるような気分になれる、エキゾチックな雰囲気を与えると共に、ヒョリンの魅力的なボイスとKisumの爽やかなラップは、今夏を代表するサマーソングの誕生を予告する。

「FRUITY」はHeize、Block Bのパクキョン、Leessangのケリ、Sik-Kなどとの作業で最近一番ホットなGroovyroom(パク・キュジョン、イ・フィミン) がkrizとともにプロデュースを務め、少女時代のユニットテティソ「Twinkle」や、EXOの「Overdose」などK-POPを代表する作詞家ソ・ジウムが作詞に参加し、完成度を高めた。

ヒョリン、Kisumの「FRUITY」の音源とミュージックビデオは本日(29日) 午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じて公開される予定だ。