映画「リアル」側、一部シーンの違法流出に対し“強硬な法的措置を取る”

写真拡大

映画「リアル」側が違法流出に対する公式立場を明かした。

「リアル」を制作したCove Pictures側は「28日に公開された『リアル』の一部シーンが、違法撮影によって流出された。本作品の一部あるいは全体を著作権者の許しなしに複製及び撮影して、動画及びスチールカットでオン・オフラインに配布する行為は、著作権法違反で法的処罰を受けるに値する」と伝えた。

続いて「このような行為は著作権法違反と別途に複製、配布されたシーンに登場した俳優の肖像権を侵害することで、民・刑事上の制裁を受ける可能性があることを知らせる。今後の違法流出については強硬的な法的措置を取る予定だ」と強調した。

「リアル」が公開された28日、ソルリの上半身露出シーンがインターネットとスマートフォンメッセージを通じて急速に広がって議論になった。

上映中のスクリーンを撮影…映画「リアル」違法写真の流出に警告“法的措置の可能性も”