画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイ・ジャパンは6月29日、7型のAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を発表した。7月7日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税別11,800円前後。

Android 6.0を搭載した7型タブレットで、MediaPad Tシリーズ最新モデル。重量は250gと軽く、航空機グレードのアルミニウム合金を採用することで堅牢性を実現。エッジ部は滑らかな曲線で手に馴染みやすいデザインにしたという。

ディスプレイは1,024×600ドット解像度のIPS液晶。バッテリ容量は3,100mAh。コンシューマ向けにはWi-Fiモデルのみ提供され、LTE搭載モデルは用意されない。

主な仕様は、CPUがMediaTek MT8127(4コア、各コア1.3GHz)、メモリが2GB、ストレージが16GB(microSDカードで拡張可能)、グラフィックスがMali-450 MP4、カメラ機能はメイン・サブともに200万画素。センサーはGPSと加速度を搭載する。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1。

本体サイズはW179.00×H103.68×D8.60mm、重量は約250g。カラーはスペースグレー。法人向けモデルでは、メモリ1GB、ストレージ8GBのモデルも用意される。