「ジャック・スパロウを僕は大きく変えたんです」ジョニー・デップ直撃インタビューでわかった映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』への熱い思いとは【最新シネマ批評】

写真拡大


【最新シネマ批評・インタビュー編】
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。今回は主演俳優のインタビュー付です!

今回は夏の超話題作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017年7月1日公開)をピックアップします。なんとジャック・スパロウことジョニー・デップの来日インタビューもありますよ。では物語からサクっといきましょう。

【物語】

呪われた運命を生きる父のウィル(オーランド・ブルーム)を助けるため、息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、呪いを解くことができる伝説の秘宝「ポセイドンの槍」を求めて、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を探していました。

しかし、ヘンリーは海の死神サラザール(ハビエル・バルデム)に遭遇。サラザールはジャックの宿敵であり、彼の持つ「北を指さないコンパス」を求めていました。

一方、天文学者のカリーナ(カヤ・スコデラーリオ)は、生き別れた父が残した日記の秘密を解こうとしていました。しかし、実はその日記に「ポセイドンの槍」の秘密が隠されていたのです!

【ジョニーが語るジャック・スパロウという男について】

最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』はジャックの過去にさかのぼる物語。彼の魅力について、WEB合同取材でジョニー本人に聞けるチャンスを得た私。Pouch 記者としてはりきって出席してきました。

合同取材に現れたジョニーは終始にこやかでゴキゲンなご様子。では、さっそくインタビュー開始!

――今回はジャックがメインの物語ということですが、ジョニーさん自身、ジャック・スパロウの魅力とはどこだと思いますか?

ジョニー「ジャック・スパロウは内気でシャイなところが全くない人物で、私生活でジャックみたいに振舞うことは不可能です。だって彼はやりたい放題ですから。人生は弧を描くように変化、成長を重ねて到達点へと進んでいくものだけど、ジャックには到達点がなく、ずっと同じ場所にいる。アニメ「ルーニー・テューンズ」に登場するスカンクみたいですよ。自分のことをかっこいいと思っているけど、実は匂うという(笑)。そこが面白いし魅力ですね」

――そう言われれば、今回もみんなが大好きな安定のジャック・スパロウでしたね。でも本作ではジャックの若い頃も登場します。どんな感想をもたれましたか?

ジョニー「自分が若返った姿を見るのはシュールな体験でしたよ。これは誰だ?と(笑)。今後、映画界はテクノロジーの進化で、50〜60年代に活躍した往年のスター俳優がスクリーンに復活することも可能ですね。マーロン・ブランドと僕の共演作が制作されるかもしれない。
ああ、でも僕だけが撮影現場で仕事するなんて、マーロンはズルイな。僕のシーンも最新技術に任せて、家でポテトチップを食べてくつろぐことにします(笑)」

(ちなみに本作の若きジャック・スパロウは、ジョニーが演じたジャックに、ジョニーそっくりな若手俳優、アンソニー・デ・ラ・トーレさんの肌を重ねて若返らせるという最新の特殊効果が使用されています。)

――それにしてもジャックとは長い付き合いですよね。第一作目のとき、こんなに長く演じることになると思いましたか? 彼はあなたにとってどんな存在でしょうか?

ジョニー「実は最初に脚本をもらったときのジャックのキャラを、僕は大きく変えたんです。そのせいか、僕はジャックを演じるのが楽しくて仕方がない。どんなに無責任でバカなことやっても許されてしまうという珍しい役だからです。いろんな役を演じてきましたが、ジャックだけは愛着があって撮影現場に置いていけない、連れて帰りたい役ですね。本当は同じ役ばかり演じるのは退屈してしまうし、いろんな可能性を広げていかないといけないのですけど」

やっぱりジョニーにとって、ジャック・スパロウは特別。もはや大親友のような兄弟のような存在なのかもしれません。

【最新作は第一作目が甦るようなエンタメの快作!】

ジョニーが愛して止まないジャック・スパロウが大活躍する、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。今回、ジャックはウィルの息子ヘンリー、そして天文学者のカリーナと共に冒険することになりますが、なんだか第一作目のウィルとエリザベスとの冒険をほうふつとさせるんですね。見ていてうれしくなりました!

またジャックと宿敵サラザールの対決も見物。サラザールは、ジャックのことを超恨んでいるけど、ジャックは「何のこと?」とシラーっとしているのが可笑しい。本作のジャックはコミカル度が増して、「ジャックは何をやっても大丈夫」というジョニーの言葉通り、もう好き放題です!

テーマパーク的な楽しさとスリルが満載の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。この夏、ぜひジャック・スパロウに会いに行ってくださいね!

執筆=斎藤香 (c) Pouch

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
(2017年7月1日より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー)
監督:監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
出演:ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ、ケヴィン・R・マクナリー、ジェフリー・ラッシュ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ポール・マッカートニーほか
(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この記事の動画を見る