画像

写真拡大 (全2枚)

 オウケイウェイヴは、企業向けAIエージェントサービス「OKWAVE AI Knowledge」の提供を開始した。Q&Aサイト「OKWAVE」のあらゆるジャンルのQ&Aデータを学習し知識化しているため、導入企業側での大規模な言語データの構築作業の工数を削減できる。

 Q&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴは、利用者からの質問に聞き返しを行いながら最適な回答を提示することができる同社開発の企業向けAIエージェントサービス「OKWAVE AI Knowledge(オウケイウェイヴ あい ナレッジ)」の提供を2017年6月28日より開始した。

 同サービスは、人間のように情報を知識化し、最適な答えを見つけて提示する同社のAI開発プロジェクト「KONAN」がベースになっている。「OKWAVE」の1,000カテゴリー、3,500万件以上のあらゆるジャンルのQ&Aデータを学習し、一般的な単語の関連性や様々な言い回しを知識化して保持している。

 これにより、導入企業側での大規模な言語データの構築作業が基本的に必要なくなり、AIの専門知識がなくとも手軽にAIエージェントの導入が可能になる。企業内に蓄積されたFAQデータやお問い合わせデータなど、企業独自のQ&Aデータを同社に提供すると、同社にて機械学習させ、知識化させたAIエージェントサービスを最短3週間で利用を開始できる。また、利用する際は、企業サイトなどに、PC・スマートフォンを問わず専用ページを設置する。

MarkeZine編集部[著]