小倉智昭

写真拡大

29日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭が、バニラエアの車椅子客への搭乗対応を批判した。

番組では、格安航空会社・バニラエアで起きたトラブルを取り上げた。3日、車椅子の男性客が関西国際空港の搭乗カウンターで、タラップを歩いて上り下りできない人は奄美空港への旅客機に搭乗できないとする説明を受けた。これに対し、男性客は下半身麻痺の状態だったが、「同行者の手助けで乗り降りする」と回答する。

そして男性客は、往路の旅客機に無事乗り込み、同行者に車椅子ごと担がれる形で奄美空港に降りることができた。しかし5日、男性客が復路につく際、往路と同様に助けを借りてタラップを上がろうとしたところ、バニラエアの職員が「往路に車椅子を担いで降りたのは規則違反」と告げ、その搭乗を制止してきたというのだ。そのため、男性客は車椅子を降り、腕の力を使って17段あるタラップを自力で上ったということだった。

このニュースに対し、小倉は「社内のルールだとか、法律だとかそういう問題ではなくて、困っている人がいたときに周りがどうやってあげるのかってことでしょう?」と、その対応を指摘する。

そして、小倉は「半身麻痺した方が腕だけでタラップをひとり上っているのを、それを黙って見ている方がよほど僕は怖いな」「『なんで手を貸してあげられなかったのかな』って誰でもそう思いますけどね」と苦言を連発していた。

【関連記事】
小倉智昭 中居正広の事務所残留に対する推測を否定「それはないんじゃない」
小倉智昭 共謀罪をめぐる野党の対応を批判「法案の中身を教えてくれなかった」
小倉智昭 内部告発者の処分を示唆した義家弘介文科副大臣を批判