iPhone 8は付属品についても『AirPods』が付属するとか、ワイヤレス充電に使うスタンドが付属するといった噂があります。

今回は充電に使うACアダプタについての噂です。

iPhone 8にUSB-C充電器が付属?

『iPhone 7』に付属する充電器は5WのUSB充電器です。


これがiPhone 8では10Wの『USB-C』充電器になる、と金融企業Barclaysのアナリストは予測しています。

USB-CはこれまでのUSBとはコネクタの形が異なり、デバイスをより高速に充電できる『Power Delivery』という技術に対応している点が特徴です。

USB-Cで充電を高速化

別売りの29W・61W・87WのUSB-C電源アダプタとUSB-C - Lightningケーブルを使うことで、これらの規格・技術に対応している『10.5インチiPad Pro』や『12.9インチiPad Pro』は高速に充電できます。

ウェブサイト『MacStories』によると、初代12.9インチiPad Proを29WのUSB-C電源アダプタとUSB-C - Lightningケーブルで充電したところ、80%まで充電するのに要した時間は付属の充電器よりも短くなり、最も短くなった条件では7倍高速に充電できたそうです。

iPhone 8も、上記の組み合わせで高速充電が行えるかもしれません。充電器がUSB-Cになることで、LightningケーブルもUSB-Cタイプに切り替わるでしょう。

変換アダプタも付属か

USB-Cは従来のUSBほど普及していません。そのため、付属のLightningケーブルが従来のUSB規格にも対応できるよう、変換アダプタが付属するとアナリストは予測しています。

iPhone 8はLightningポートを引き続き採用するようなので、もし充電器や付属ケーブルがUSB-Cになっても、以前使っていたLightningケーブルやLightningケーブルで接続するアクセサリはそのまま使えると考えられます。

ワイヤレス充電用のスタンドは?

iPhone 8はワイヤレス充電に対応する、という噂もあります。

このワイヤレス充電には、充電時にiPhoneを置くスタンドやマットなども必要になりますが、Barclaysのアナリストの予測はこの点には言及していないようです。

Apple Watchはワイヤレス充電を採用していますが、スタンドは付属していません。先端に磁石を内蔵した専用ケーブルをApple Watch本体の裏につけて充電します。

参考

Apple USB-C - Lightning ケーブルについて - Apple サポートiPhone 8 Expected to Include Faster 10W USB-C Wall Charger - Mac RumorsTesting Apple’s 29W USB-C Power Adapter and iPad Pro Fast Charging - MacStories