菅田将暉vs佐藤二朗、必見のバトルシーンは「正味7分」出演者からブーイングも

写真拡大

7月14日(金)より公開となる実写映画『銀魂』のジャパンプレミアが28日、東京ドームシティーホールにて行われ、主演の小栗旬をはじめ、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、新井浩文、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、早見あかり、そしてメガホンを取った福田雄一監督が登壇した。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田)、神楽(橋本)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。

また、長澤は志村妙役、岡田は桂小太郎役、ムロツヨシは平賀源外役、中村は近藤勲役、土方十四郎役を柳楽優弥、吉沢は沖田総悟役、堂本は高杉晋助役、新井は岡田似蔵役、佐藤は武市変平太役、菜々緒は来島また子役、安田は村田鉄矢役、早見は村田鉄子役を演じている。

この日、本作のメインとも言える“万事屋vs鬼兵隊”のバトルシーンの話になり、「実際大変だった」と苦労した点を明かした新井。しかし、続けて「出来上がったものを見たら、やはり“福田組”だけあって。僕(似蔵)と小栗くん(銀時)、菜々緒さん(また子)と橋本さん(神楽)、二朗さん(武市)と菅田くん(新八)が戦うのですが、二朗さんと菅田くんは全然戦ってないんですよ」と暴露。すると、佐藤は「みんな2、3日かけて撮影していたのに、俺と菅田のシーンは正味7分で終わった」と驚きの事実を明かし、菅田も「メイク時間の方が長かった。段取りもなかった。唯一言われたことといえば、佐藤さんが劇中で“オーヤバダバドゥー”って言うことだけ」と話し、観客の笑いを誘った。

それを受けて、福田監督は「ちなみに、この緩い7分のシーンが終わって、その夜に環奈ちゃんと菜々緒のシーンを撮ったのですが、“なんであの2人はさっさと終わったのか? なんで私たちはこんなに苦労しているのか”と怒られました(笑) さらに、実際映画で使われた尺については、二朗さんと菅田くんのシーンの方が長い(笑)」と明かし、出演者たちからブーイングが送られた。

一方、真面目に撮影したという新井と小栗のシーンは、「台本だと“激しく切り合っている”って書いてあるだけなのに、撮影は10日に及んだ」とのこと。さらに、菜々緒と橋本のシーンについては、NGな部分も使われているようで、菜々緒が「私、二朗さんを見て完全に笑っちゃってるんですよ。あれダメですよね? なんで使ったんですか?」と福田監督に抗議。すると監督は「説明しましょう。佐藤二朗が同じことを2回出来ないからです」と返し、佐藤も「僕も説明しましょう。僕が同じことを2回出来ないからです。でもそれは、“福田組”に限って。他ではちゃんとしてます。“福田組”には、完全に遊びに来ています!」と声高らかに宣言し、会場は大爆笑に包まれていた。