上映中のスクリーンを撮影…映画「リアル」違法写真の流出に警告“法的措置の可能性も”

写真拡大

映画「リアル」が、違法写真の流出問題について立場を明らかにした。

映画「リアル」の関係者は昨日(28日)、マイデイリーに「オンライン上で公開当日から違法写真が流出している事実を把握した。発見後すぐに削除措置がとられている」と話した。

引き続き関係者は「状況が広がってはいけないが、法的な措置に対しては、状況によってその後判断すると思う」と明らかにした。

「リアル」の韓国公開日である昨日(28日)、各種SNSには「リアル」を見た観客の写真と評価がアップロードされる中で、一部ネットユーザーが上映中のスクリーンの写真を撮って掲載して議論になっている。俳優には肖像権、映画としては著作権侵害の問題である。