東京都議選の自民党候補応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言した稲田朋美防衛相を安倍首相は処分せずにかばい続けている。自衛隊が組織として自民党候補を支持するととられかねず、自衛隊員をふくむ公務員の政治的中立を侵したという批判はおさまりそうもない。

野党からは「防衛大臣の職務を理解していない」「公私の区別がつかない」と、辞任どころか安倍首相による罷免を求める声が高まる。与党内にも「いくらなんでもひどい」「都議選に影響は間違いない」と嘆き交じりの指摘が出た。稲田氏本人は発言を取り消し、菅官房長官は「説明責任を果たして、今後とも誠実に職務を続けてほしい」とかわす姿勢を変えていない。

スタジオのやり取りがおもしろかった。

「大臣の器」ではない

宇野常寛(評論家)「稲田氏は大臣の器ではない。一部の保守層が喜ぶような、うけのいいことを気分で言っているだけ。こういう人を防衛相にしていることが問題です。罷免しましょう」
司会の加藤浩次「つぎの内閣改造で」
宇野「いや、いますぐ罷免した方がいい」
加藤「うーん、そうですねえ」

そういう大臣をどうするかは、安倍一強政権の評価にもつながってくる。