スキンケアは怠っていない、むしろ念入りにしているのに乾燥肌が治らないあなた。肌を乾燥から守るために保湿は重要ですが、それ以前にあなたの日々のNG習慣が肌の乾燥を助長させているのかもしれません。ここでは肌の乾燥を招くNG習慣をご紹介。心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

そもそも熱いお湯で洗顔している

顔を洗う時はぬるま湯や冷水で洗顔していますか?まさか熱めのお湯で洗顔していませんよね。美肌にこだわる人には毎回お湯の温度を測定して顔を洗う人もいるほど、洗顔の際のお水の温度は大事。神経質になる必要はありませんが、せめて顔を洗う時は水かぬるま湯にしましょう。熱いお湯にすればするほど肌の皮脂や水分が失われ、洗顔後肌はつっぱりやすくなります。ただし42℃程度のお湯で洗顔し、肌のハリや弾力を与えるヒートショックプロテインを増やすという目的を取り入れるのはOK。この場合は数日おきにすることと、洗顔の後に冷水で肌を引き締めることが大事です。

ゴシゴシとこすって汚れを落としている

顔も体同じですが、皮膚はとにかく摩擦が苦手。擦ることは肌にとってとにかく負担。石鹸をすすぐ時も肌に触れるか触れないかの優しいタッチで。体を洗う時も泡で包むように。これは美肌の基本です。石鹸で洗うことそのものが乾燥を招く行為と言われ、毎日湯船に浸かっている人は、足や脇など気になる部分だけを石鹸で洗えば、他はシャワーで流すだけでも十分汚れは落ちるとされています。目の周りに小じわが多い人も、無意識に目をこすったりアイメイクのクレンジングで摩擦が多かったりするはずです。チェックしてみてください。

肌のターンオーバーを乱す心身ストレスがかかっている

肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れることで、肌の水分保持機能が衰えてしまいます。つまりターンオーバーを乱すことも肌の乾燥に繋がるのです。睡眠不足、過剰なストレス、紫外線といったストレスは肌のターンオーバーも乱す要因。つまりストレスも乾燥の原因なのです。

肌のターンオーバーを乱す心身ストレスがかかっている

健康のためにも美肌のためにも1日に1〜2リットルの水分補給は必須です。足のすねに粉が吹いている、唇が荒れやすい、体がむくんでいる、という人は水分が足りていない可能性が高いです。特にエアコンのガンガンきいた屋内で仕事している人は水分不足に陥りやすいので、適宜水分を補給するようにしましょう。


writer:サプリ編集部