ウィンブルドン選手権、男子シングルス2回戦。ポイントを奪い喜ぶマーカス・ウィリス(2016年6月29日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】当時世界ランキング772位で出場した昨年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2016)で、ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)と男子シングルス2回戦を戦う旋風を巻き起こしたマーカス・ウィリス(Marcus Willis、英国)が、2年連続の本戦入りまであと1勝に近づいた。

 現在世界374位で26歳のウィリスは、同胞のリアム・ブローディ(Liam Broady)に7-6(7-2)、6-7(2-7)、6-2でフルセット勝ち。ちょうど1年前に計6試合の予選を勝ち抜き、センターコートでフェデラーと対戦したウィリスは次戦、世界117位のイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko、ウクライナ)と激突する。

 来月3日に開幕するウィンブルドンの男子シングルス本戦入りまであと1勝に迫ったウィリスは、「ここではかなりいいプレーができている。次の試合は難しくなるが、コート上では自分の持っているものを出し切りたいと思う。失うものは何もないからね」と語った。

「去年よりいい選手になっている。体もフィットしているし、より素早く、いい動きができている。去年の自分も良い選手だったと言えるが、フェデラー先生にやられてしまった。でも彼と当たっていなければ、もっと勝てていただろうと今でも言えるよ」
【翻訳編集】AFPBB News