チャン・グンソク監督作品「偉大なる遺産」映画祭でオーディエンスアワードを受賞!

写真拡大 (全2枚)

米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA) 2017のオフィシャルコンペティション、アジア・インターナショナル部門にノミネートしていた韓国の俳優チャン・グンソクが監督を務めたショートフィルム「偉大なる遺産」がオーディエンスアワードを受賞した。

SSFF&ASIA2017は6月1日〜25日まで開催され、世界140以上の国と地域から集まった9000点以上もの作品から約2500点を選りすぐって上映された。6月18日にオフィシャルコンペティションの受賞作品が発表となり、6月26日に観客の投票によって決定するオーディエンスアワードの発表が行われた。

作品は7月にブリリアショートショートシアター受賞作品プログラムで上映予定だ。

■作品情報
「偉大なる遺産(The Great Legacy)」
監督:チャン・グンソク
韓国/ドラマ/2016
<ストーリー>
借金地獄に陥った男を救うはずだったの父の預金通帳。しかし父は暗証番号を伝える前に昏睡状態に。息子は回復しない父にしつこく呼びかけ続け…。すると父の心電図が妙な動きを始めた。これはもしかして、暗証番号?

■関連サイト
公式サイト:http://www.shortshorts.org/2017/prg/ja/1397