元ACミランのパオロ・マルディーニ【写真:Getty Images】

写真拡大

サッカー元イタリア代表DF、テニス初陣は42分完敗 五輪関連サイトも動画付きで紹介

 サッカーのイタリア・セリエAの名門ACミランの元イタリア代表DFパオロ・マルディーニが、49歳にしてプロテニスデビューを果たした。しかし、第二の競技人生初戦でよもやの完敗。サッカー界で無敵の強さを誇ったレジェンドは自身のインスタグラムで「現実に戻る」とプロテニス選手としてのキャリア封印を宣言。超異例の挑戦から一転、わずか1試合で幕が下ろされたことに、ファンから「私のヒーロー」「ザ・テニスプレーヤー」と惜しむ声が浮上している。

 マルディーニは49歳の誕生日を迎えた26日、ミラノで行われているATPチャレンジャーツアー「アスプリア・テニスカップ」にワイルドカード(主催者推薦)で出場。イタリア人テニス選手でマルディーニのコーチを務めている45歳のステファノ・ランドニオとともにダブルスで参戦し、1回戦でトマシュ・ベドナレク(ポーランド)とダビド・ペル(オランダ)組と激突した。しかし、試合は1-6、1-6、所要時間はわずか42分と完敗に終わった。

 国際オリンピック委員会(IOC)が運営するインターネット動画サービス「オリンピック・チャンネル」は、「パオロ・マルディーニのプロテニスデビューをチェックしてください。49歳です」と動画付きで投稿。「ミランでのアスプリア・テニスカップで、彼は戦いの場をピッチからコートに代え、プロデビューを飾った」という字幕とともに、今回の挑戦を伝えた。

「数学と文学の試験を受けているよう」な異例の挑戦に終止符 「現実に戻る」

 2009年の引退から8年。動画では、現役時代に名DFとして鳴らしたマルディーニがオレンジ色のシャツを着て、ダブルスの後衛で正確なレシーブを打つ姿が収められている。サッカーからテニス、別のプロ競技に挑戦するのは超異例のことだが、マルディーニは試合後の会見でその難しさを「数学と文学の試験を受けているようだ」と語り、体にも少なからず反動があったことを明かしたという。

「最初のポイントを取った時に、筋肉を伸ばしてしまって、少し違和感があった。冗談ではないよ。筋肉系に問題を抱えていたけど、何ともないフリをしていたんだ」

 マルディーニも自身の公式インスタグラムを更新し、「ATPチャレンジャーでの試合は素晴らしい経験だった」と投稿。テニスコート上で、オレンジのシャツと白いパンツのテニスウェアをまとい、ランドニオとともに笑顔で試合前の記念撮影をしている画像を掲載したが、メッセージには「最初(そして最後)のプレー。もう現実に戻るよ」と、これを最後にキャリアに終止符を打つことを伝えた。

 突然の“引退宣言”を受け、ファンから思い思いのコメントが寄せられている。

「頑張れ、パオロ!!」

「ザ・テニスプレーヤー」

「私のヒーロー」

「フットボールに戻ってくれ」

「偉大なキャプテン!!」

「カッコイイ、クールだ」

「NO1…永遠に」

 イタリアサッカー界で愛され続けたレジェンドは、今なおファンのハートを掴んで離さないようだ。