「LUMINE meets ART AWARD 2017」

株式会社ルミネは、「LUMINE meets ART AWARD 2017」公募を開催し、2017年8月31日(木)まで作品の応募を受け付けている。アーティストの発掘と支援を目的として、ルミネ館内に展示するアート作品を広く一般から公募する企画。ウィンドウ部門、インスタレーション部門、映像部門のほかに、今回から新たにウォール部門も設けられている。入選作品は、ルミネ新宿・ルミネエスト新宿、ニュウマン新宿店など、2018年1月頃にルミネ館内へ実際に展示される予定。「LUMINE meets ART AWARD 2017」へは、応募書類提出時点で20歳以上であれば参加が可能。国籍は不問だが、日本語でコミュニケーションが取れることが必要とされ、授賞式や搬入出(ウィンドウ部門 / インスタレーション部門 / ウォール部門の場合)にも参加できることが条件とされている。展示場所は、ウィンドウ部門がルミネ新宿 ルミネ2 2F(スタニングルアー横)、インスタレーション部門がルミネ新宿 ルミネ2 2F(イベントスペース / ステュディオス前)、映像部門がルミネエスト新宿 新宿東口ロータリー前(柱10本19面)とルミネ各館のデジタルサイネージ、ウォール部門がニュウマン新宿 2F(NEWoMan ART wall.)だ。参加する際には、「LUMINE meets ART AWARD 2017」の公式Webサイトから応募用紙をダウンロードし、作品情報を含む必要事項全てを記入。PDF形式で専用ページからアップロードする(環境の問題でWebでの応募が難しい場合に限り郵便応募を受付)。部門に関わらず、1応募につきそれぞれのエントリーが必要。応募作品数に上限は設けられていない。審査は9〜10月、最終審査および授賞式は10月21日(土)に実施。インスタレーション部門 / ウィンドウ部門 / ウォール部門では最終審査時にも実際の作品は必要なく、映像部門では作品を動画共有サービスにアップロードして応募時にURLを明記する。

昨年度のグランプリ受賞作品
「I am Here @ Lumine」(ウィンドウ部門)
織晴美氏

■応募締切:
2017年8月31日(木)

■応募資格:
応募書類提出時点で20歳以上、日本語でコミュニケーションが取れることが必要、ウィンドウ / インスタレーション / ウォール部門は搬入出にも参加できることが必要、10月21日(土)の最終審査および授賞式に出席できることが必要

■賞:
グランプリ(100万円)
ほか

■問い合わせ先:
「LUMINE meets ART AWARD」事務局
url. http://www.lumine.ne.jp/lma/award
▷こちらもおすすめ

携帯電話のデザインを大きく変えた“au Design project”の15周年記念展「KDDI ケータイの形態学」

 

集団VR体験施設「コニカミノルタ VirtuaLink」が東京ソラマチにオープン

 

世界の美術を歌とアニメで紹介する番組「びじゅチューン!」のグッズフェアが銀座ロフトで開催