一生懸命な人ほど自分を"卑下"してしまう

写真拡大

いい習慣は続かないのに、悪い習慣はやめられない。そんな悩みの奥底に隠れている「大問題」を突き止めれば、生き方や働き方はもっとラクになる。目には見えない自分のココロを読み解く方法とは――。

■なぜ「飲み過ぎ」「英語学習」「早起き」ができないのか?

「お酒がやめられない」「英語の勉強が続かない」「早起きができない」……。

習慣化コンサルタントとして、ビジネスパーソンのこのような「続かない」「やめられない」という悩みを掘り下げていくと、表向きの問題の下に、さらに巨大な問題が見つかることがあります。

私はこれを「クリティカル・イシュー(決定的な問題)」と呼んでいます。実は、これを見抜かなければ、「習慣化できない」という現状は変わらないことが多いのです。

今回は、「禁酒」「英語学習」「早起き」をしようとするのに、実行できない、長続きしないというクライアントへのコンサルティングの実例をもとに、心の深層を探ることの大切さをご説明します。

酒を大量に飲む人の「根本的な原因」とは何か?

ケース1:「お酒を飲み過ぎてしまう」
Aさん(40代・男性・営業)の悩み

●悩みの声

「毎週木曜か金曜、友人や同僚と『お疲れさん会』と称して街へ繰り出すのですが、ほぼ毎回記憶をなくすまで飲んでしまうんです。先週も飲み会の後、自宅とは全く逆方向の電車に乗って寝てしまい気がついたら大宮駅で……。自宅は横浜なので、結局カプセルホテルに泊まりました。また、先月は記憶をなくして家の近くの電信柱につかまって倒れていたらしく、警察官に保護されました。この一件で、妻から禁酒を言い渡されています」

◎筆者の解説

Aさんのような失敗は誰にも1度や2度は経験があるかもしれません。しかし、さすがに毎週のようにやってはいけません。体に毒です。

「なぜ、飲み過ぎてしまうのでしょうか?」。この問題を深堀りしていくと、Aさんは少し考えて「仕事でストレスがたまっている」と答えました。ストレスの原因はいろいろですが、一番大きいのは「上司との人間関係」にあるようでした。多くのビジネスパーソンに心当たりがある話でしょう。

Aさんによれば上司から依頼される仕事は、納期が短いわりに完璧な質を求められる。結局、納期が遅れたり、求められる質を下回ったりすることがあり、上司から叱責されることが多いとのこと。

■酒飲みに飲みすぎるなと言ってもムダ

すでにおわかりの通り、このケースで「お酒のやめ方」をコンサルティングしても何も問題は解決しません。お酒は現実逃避で自分を休める手段なのです。もしお酒をやめられても、Aさんの場合は、ストレスのはけ口を求めて、パチンコなどのギャンブルに移ってしまう恐れがあるように思えました。

「お酒を飲み過ぎてしまう」。今回の悩みの本質(クリティカル・イシュー)は、実は「どうすれば上司からの依頼納期と質を担保できるか?」「なぜ、納期が遅れ、質のズレが起きるのか?」にあったのです。

このAさんの場合、より完成度の高いものを目指したいという上司の気持ちを尊重しながらも、やんわりと自己主張するなどコミュニケーションを工夫することが解決につながりました。

まず、短い納期での依頼を安請け合いせず、他に抱えている仕事があることなどを、それとなく伝える。上司が「合格点」とする質のイメージをできるだけ具体的に聞き出す。作業の途中で、途中経過を報告して、上司の感触をうかがって仕事の仕上がりを微調整する。

そうした対策を打つことで、ストレスを減らすことができました。これまでは上司からおりてくる仕事は、あとで必ずダメ出しされることが目に見えているだけにかなり憂鬱で、作業を始めるのも遅れがちでした。あえて積極的にコミュニケーションしたことで、心の負担も小さくなったようでした。

英語学習 3カ月続けていたのにやめてしまう理由

ケース2:「英語学習が続かない」
B子さん(35歳・女性・事務系管理職)

●悩みの声

「仕事で英語を使うことがあります。毎日1時間の英語学習を続けようと頑張っていますが、英語学習を始めてから3カ月ほどたつと、成長度や上達度に停滞感をおぼえ、“自分はセンスないな”と嫌になってやめてしまいます。数年来、こんなことの繰り返しで、英語力はほとんど向上していません。どうすれば続けられるでしょうか?」

◎筆者の解説

「どんな時に、やめたくなるのでしょうか?」と聞くと、B子さんは「ネイティブ・スピーカーとの会話で意味が通じないとき」や、「聞き取れない単語が多いとき」だと言います。自分なりに懸命に勉強している。でも、伸び悩む。結局、自分は英語のセンスがないんだ、と落ち込み、そうした自己嫌悪から英語と向き合えなくなるというのです。

ここでのクリティカルイシューは、英語のセンスの問題ではありません。「自己嫌悪によるダメージをいかに減らせるか?」にあるのです。

自分に厳しすぎることが続かない原因?

B子さんが自己嫌悪に陥る背景には、過剰な完璧主義がありました。聞けばB子さんは、英語に限らず仕事においても超完璧主義で、社内の会議資料の「てにをは」も入念にチェックしますし、日に300件来るメールもすべて目を通して見落としがないようにいつも気を張っていました。結果として残業も多くなっていました。

「そもそも英語力は本当に高まっていないのでしょうか?」

私は素朴な問いかけをしました。何を根拠に英語力が上達していない、と判断したのか、実はB子さん自身の認識も明確ではありませんでした。話を聞いていると、ネイティブに近い上級者と比較する傾向があることがわかりました。超完璧主義者のため、やるからには「てっぺん」を目指す、という癖があるのかもしれません。そこで、日々どれくらい勉強しているのかを知るため、エクセルに学習量と時間を記録することにしました。

すると、勉強時間の累計や進捗度が「見える化」されたことで、自分自身の努力と成長を確認することができ、自己嫌悪に陥ることは劇的に少なくなりました。

その結果、モチベーションを維持することができるようになり、英語学習も続くようになりました。さらに仕事でも過剰な完璧主義がなくなり、余計な自己嫌悪による落ち込みが大幅に解消し、メンタルが安定するようになりました。「自分はやるべきことはやっている」。仕事においてもそうした自己承認ができるようになったようです。

■朝起きられない人は根性なしではない

ケース3:「早起きができない」
Cさん(45歳・男性・エンジニア)

●悩みの声

「長時間残業を減らさなければ精神的にも肉体的にもつぶれそうです。連日の深夜帰宅で家では家族と話す時間も取れません。さらに土日のどちらかは出社する状態。ノルマを果たせと社員に命令する会社は、その一方で『残業が多い』と文句を言う。早起きをすればうまくいくと考え、平日は朝5時起き、7時出社に挑戦しています。でも、どうしても布団から出られず7時半起き、9時出社になります。どうすれば早起きができるようになりますか?」

◎筆者の解説

Cさんの悩みは「早起きしたいのに、できない」です。ちゃんと朝起きられないのは根性なしだから、と自分を責めているのです。でも、本当に解決しなければならない問題は、「残業が多い」「長時間残業から脱却する」という2点です。

「なぜ、残業が多いのでしょうか?」

私がこう質問すると、Cさんは「同僚からの仕事の依頼を断ることができない」、「『期待に応えたい』『がっかりされたくない』という気持ちがあり、つい過剰品質の努力をしてしまう」と答えました。

周りから拒否・批判されることを必要以上に恐れている思考が見えてきました。「自分に自信がない」と自己評価が低いことで、他人の評価に振り回されるという悪循環です。

他人の目を気にする人は「残業体質」

クリティカル・イシューを解決するには、「自己評価をどのように改善するか?」が重要になります。自己評価が低い人は、他者からどう評価されているかを過剰に気にしてしまい、それが過剰な仕事を生み出す傾向があります。

Cさんの場合、自分はダメだ、無力であるという自己評価を修正しました。その結果、過剰に自分を貶めることがなくなり、同僚への納期交渉などでも適切に調整できるようになりました。働く時間は3時間も短くなりました。すべての悪循環の源は、自己評価の低さだったのです。

■対症療法では悩みの根本的解決はできない

以上、3人のコンサルティングの事例をご紹介しました。

このように、クリティカル・イシューを突き止め、深層に何があるか探ることが習慣行動を改善する鍵となるのです。逆に、表層的な悩み(上記の例で言えば、お酒がやめられない、早起きができない)への対症療法に終始していると、いつまでたっても根本的な問題解決には至りません。

たとえば、「資格の数が足りない」という強迫観念に陥り、資格マニアになっていく人がいます。すでにたくさんの資格を取得しているのだから、自信をつけてもいいはずです。「自分はなぜ、そんなに資格が欲しいのか。何を不安に思っているのか」。そのことを掘り下げなければ、本当の問題は解決されません。

もし、あなた自身にも「続かない」「やめられない」という懸案事項があれば、その悩みの深層を探って自己分析し、クリティカル・イシューが眠っていないか、確かめてみてください。

(習慣化コンサルタント 古川 武士)