旧大連ヤマトホテルなどがあるも観光資源に乏しく出張者が多い大連

写真拡大

 中国では、以前報じた記事(「上海住宅デモ」のあまりに酷い真相と、デモ参加者に届いた恐怖のメッセージ)でも触れたように、市民の学歴、勤続年数、社会保障費の納付期間、職業、所得税の納付額、貢献度などによってポイントが加算され、それによって市民の社会的信用度を評価するというシステムが運営されている。この市民格付けシステムは、戸籍の移動が難しい中国において、よその土地で生まれた中国人が上海のような人気都市でさまざまな社会保障を得られる戸籍を手に入れるときなどに、「120ポイント以上であれば入手できる」といったように使われている。

 そんな「格付け」は、外国人にも拡大し、今年4月には、外国人についても、その能力や職歴、学歴などによってランク付け制度がスタートし(ちなみに、一部メディアではセンセーショナルに報じられたが、実際は日本でも高度人材外国人をポイント制で分類し優遇措置を付与する制度を実施している。参照:法務省入国管理局「高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度」)、在留邦人を戦々恐々とさせた。

 しかし、制度が始まって約3か月、大きな変化はない。というのもランク対象者が4月以降に就労ビザを新規で取得する人である点や4月以前に取得している更新者は事実上除外扱いとなっているからだ。

 しかし、そんな中国では、ランク付け制度以上に、「北厳南寛」のような「都市による外国人への対応の国内格差」が発生して広がりつつある。 北厳南寛は著者の造語だが、文字通り、同じ国でありながら北が厳しく、南が寛やかなため、生活環境がいい南へ国内移動する日本人が出始めているのだ。

◆大連と深センで異なる就労ビザへの意識

 たとえば、遼寧省の大連と広東省の深センで比べてみても就労ビザの認識がまるで違う。この数年、中国全体で各種ビザ取得が厳格化されており、北の大連では会社経営者の日本人はもちろん、短期出張者も出張ビザを取得するなどビザに対して非常にセンシティブになっている。ノービザで滞在する日本人は旅行者くらいという状況だ。

 一方で南の深センでは、ノービザで滞在しながら会社を経営する日本人も少なくない。中国にノービザで滞在できる15日の間で香港や東南アジアへ出国するためその繰り返しで長期滞在をしているのだ。香港や東南アジアが近いなど環境面の違いも大きいが、2年前に大連から深センへ拠点を移した日本人経営者は、大連と深センの違いに驚いたと話す。

「深センの日本人たちでビザについて話題になることがなく、ノービザで会社を経営している人も少なくないことに驚きました。地理的な要因もあってか全体的に皆さん腰が軽く、興味があるビジネス話があれば、ちょっとタイへやシンガポールへ飛んでいくという感じで同じ日本人で中国でも都市が違えばこうも違うのかとビックリです。私のように大連や青島から深センへ転居してきた人が周りに複数います」(システム開発企業の日本人経営者)

 ビザの話題が出ないということは、当然ながらランク制度についての話題もあまり出ないそうだ。ちなみに大連と深センを比べると家賃を始め物価は1.3〜1.5倍くらい深センのほうが高いが、それでも深センの方が雰囲気が明るくてストレスが少ないそうだ。

 このことは前出の在留邦人統計にも現れている。大連は5年連続減少が続くが、深センを含む広東省は、5年前と比べ増えているのだ。中国全体における数が5年連続減少していることを考えると深センは相対的に日本人が増えていること分かる(深セン市単独の統計はなく広州市を含む在広州日本総領事館の在留邦人数より)。

 外国人の滞在に対する厳しさは、東北地方が、北朝鮮に近いことも要因しているかもしれない。昨今の北朝鮮情勢の影響で、国境警備の強化、公安の取り締まりも活溌になっていて中国東北3省で拘束される日本人が目立つようになっているのだ。

 大連を含む遼寧省は全省唯一のマイナス成長を記録するなど不景気にあえいでおり、吉林省、黒竜江省も元気がない。果たして、取り締まりの強化で外国人が南に移動したことが要因なのか、それとも不景気ゆえに稼げない東北から外国人が逃げ出したのかは定かではないが、「北厳南寛」は経済の南北格差にも繋がっていくのかもしれない。

<取材・文/我妻伊都(Twitter ID:@ito_wagatsuma>