生理痛・生理不順って不妊の原因になるの?ストレスとの関係は?

写真拡大

 アナタは将来お子様は欲しいですか?

 既に母親の方もいるかもしれませんが、まだの方は“子供はたくさん欲しい”“現実的には1〜2人が精一杯かな”など色々なライフプランがあるかと思います。なかには山口智子さんのように“産まない生き方”を選択する人もいると思いますが。

 前回に続き、今回は不妊治療専門の六本木レディースクリニックの医師、山中智哉先生に“生理痛・生理不順や現代病が不妊に与える影響”について話を伺いました。

◆生理痛・生理不順について

 私生理痛が激しいんですけど、不妊と関係ありますか?

山中先生「生理痛には個人差がありますので、痛み自体は不妊とはあまり関係ありません。ただし、強い生理痛がある場合には、何か原因がないかををちゃんと調べることが大事です。

 例えば、その痛みの原因が子宮筋腫や子宮内膜症のような婦人科疾患だった時には、ひどくなる前に早めに治療を行なった方がいい場合もあります。」

 生理不順についてはどうですか? 私もですが、周りにも多いです……。

山中先生「生理不順が起きる原因にはいくつかありますが、難しい機序はさておき、大切なことは『きちんと排卵をしているかどうか』ということになりますね。

 20〜40歳くらいの女性で生理不順がある場合、多くは排卵日が安定していないことが原因となっています。ただし、中には年齢が若くても、卵巣機能が低下して月経不順を起こしていることもありますので、一度、ホルモン検査など卵巣機能をよく調べるべきだと思います。」

 卵巣機能が低下してきている時の生理不順って、何か特徴はあるんですか?

山中先生「生理不順は、生理周期が長い場合と短い場合がありますが、卵巣機能が低下してくると、排卵までの期間が短くなる傾向がでてくるので、生理周期も短くなります。もちろん必ずしもそうとは言い切れませんが、年齢と共に生理周期が短くなってきたと仰られる方が多いですね」

 生理不順の原因に多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)っていうことを聞いたことがあるのですが、どんな病気なんですか?

山中先生「細かい病態などは難しいので機会があればまたお話ししますが、20代から30代の方で比較的多くみられる排卵障害の原因のひとつです。

 卵巣機能が低下しているというよりは、ホルモンバランスが原因となって排卵をしにくくなっているのですが、程度が強い場合には半年や1年以上月経が来ないこともありますので、特に妊娠を考えている方は、きちんと排卵できるように治療が必要となります。」

 年齢が上がって閉経が近づいてくると、生理不順になってくるというのは何となく分かるのですが、そもそも妊娠って何歳頃までできるんでしょうか?

山中先生「閉経が訪れる時期は、だいたい45〜55歳頃になりますが、閉経になるぎりぎりまで妊娠できるわけではありません。閉経の5〜10年前あたりから妊娠しにくくなってくるという意見もありますし、個人差で考えると10年分も卵巣機能に差があるというのは非常に大きなことです。

 そういったことも含めて考えますと、中には50歳で妊娠される方もいらっしゃるかもしれませんが、それは非常にまれなケースで、一般的には45〜46歳あたりがひとつのリミットと考えられます。」

 生理痛・生理不順がある方は早めにちゃんと原因を調べることが大事ですね。

◆不妊の要因を知ること

 昔と比べて、不妊症の夫婦が増えてきている背景にいわゆる現代病も関係あるようです。

 現代病のひとつに「ストレス」ということがありますが、それって不妊の原因になることってあるんですか?

山中先生「ストレスというのは、身体に何か影響がある事が生じた時に起こる防御反応でもあるので、すべてが悪いということではありません。ただ、それが過度に生じた場合には、ホルモンバランスなどに悪影響を与えることはあります。