歯ブラシでメイク、乳首用クリームを唇に… ハリウッド女優のユニーク美容法

写真拡大

 オーストラリア出身で、最近はハリウッドで目覚ましい活躍を見せる女優のマーゴット・ロビー。映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート(’13)』では、主演のレオナルド・ディカプリオの妻役として出演していたマーゴットだが、同作の中で見せていたセクシーな表情に日本でも大きな話題となった美人女優だ。

 そんな美しいマーゴットのメイクは、独自のメソッドに基づいて行われているようで、ファンデーションを付けるときには歯ブラシを使用しているという。マーゴットのメイクの秘訣は、ファンデーションを付ける際、髪の生え際や眉毛にまでブラシでなじませ、自然に見せるため完全に均一にさせることだという。

 メイクのコツについてElleUK.comから質問を受けた際、マーゴットは次のように答えている。

「これは友達に教えてもらって毎日やってることなんだけど、ファンデを塗るときに、眉ブラシか歯ブラシで髪の生え際まで伸ばすことで均質になるのよ。特に私はブロンドの髪で肌は焼けてるから、もし混ぜないと本当に変に見えるわ。髪の中にファンデが伸びてるのが見えるでしょ」

 しかし夫のトム・アッカリーは、マーゴットが鏡で毎日その作業をしている時、いつも変な目で見ているという。

「これを毎日欠かさずやっているわ。いつも旦那は『何してるんだ』って聞くから『髪の生え際までメイクをブラッシングしてるの』って答えるわ、そしたら『女はいかれてる』だって」

 またマーゴットは飛行機内で顔を洗えないのが大嫌いらしく、ふき取り用のスキンケア製品『ピーター・トーマス・ロス・コンプレクションコレクション・パッド』を常時携帯しているという。

「ピーター・トーマス・ロス・コンプレクションコレクション・パッドよ。だって私いつも飛行機の中にいて洗顔できないから。あのときの気分は最悪でしょ。だからこのパッドを使うことで、リフレッシュするの」

「あとコーダリーのフェイシャルミスト。香りが最高。

 リップバームはベパンテンのを使ってるけど、本来は授乳するお母さんの乳首かもしくは赤ちゃんのおむつかぶれのためお尻に塗るものなの。リップバームって添加物が入ってて逆に唇が乾いて買い続けなくてはいけないっていう、何か陰謀めいたものを感じるわ。けれどベパンテンのは単に乾燥肌用のものだから大丈夫、ずっと使っているものよ」

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>