こんにちは、コラムニストの愛子です。せっかくダイエットをはじめても、続けられないことって多いですよね。そこで今回は、ダイエットを継続しやすくするコツをご紹介します。

(1)ケアする日と楽しむ日のメリハリをつける

ストイックすぎるとストレスが溜まってドカ食いしてしまいやすくなります。ダイエット中でも、好きな食事を楽しむ日をつくりましょう。翌日はいつもより食事量を減らしたり、ヘルシーメニューにしたりと、メリハリをつければ太ることはありません。

思う存分食事を堪能するほど、きちんと切り替えられるようになります。だから「こんなに食べて大丈夫かな?」などと罪悪感を抱かず、楽しむと決めた日はとことん楽しんでくださいね!

(2)大好物を、敢えてちょっとだけ食べる

揚げ物や甘い物は、楽しむ日にだけ食べるというのもいいと思います。でもそれではストレスが溜まってしまう人もいるはず。食べたい物を我慢すると物足りないので、それを紛らわそうと食事量が増えてしまうことがあります。

いくらヘルシーな食べ物でも、食べ過ぎると胃腸に負担がかかるので良くありません。消化機能が衰え、結果的に太りやすい体質になってしまいます。だから揚げ物や甘い物が大好物なら、完全に断つのではなくちょっとだけ食べるのがおすすめです。そうすれば気持ちが満たされ、他の物を食べ過ぎることがなくなるでしょう。

ただし、揚げ物や甘い物を食べる量がどんどん増えてしまわないようにだけ、気を付けてくださいね。

(3)「どうしても食べたかったら食べてよし」と決めてひとまず我慢

食事は終えたのにまだ何か食べたな〜と感じることってあると思います。そんなとき、「絶対食べちゃダメ!」と思うと、すごくストレスになりますよね。だから「どうしても食べたかったら食べてよし!」と決めて、ひとまず我慢してみてください。

何か他のことをしているうちに、案外食べたくなくなるものです。それでもやっぱり食欲が消えないときは、きっと体がまだエネルギーを欲しているのだと思います。そんなときは、少量を味わって食べるようにしましょう。

おわりに

美意識の高い頑張り屋さんほど、ストレス太りやリバウンドしやすい気がします。「頑張る」より「気を付ける」といった感じで、ちょっぴり気持ちを緩めてあげると、ダイエットを継続しやすくなると思います。挫折しそうになったときは、ぜひ試してみてください。


愛子
コラムニスト、モデル
提供記事をもっと読むPhoto by fotolia