画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マイナビ出版は6月29日、Apple専門誌『Mac Fan』2017年8月号を発売した。WWDC 2017(世界開発者会議)で発表された新製品を取り上げた特集や、特集「Mac[自分流]カスタマイズ」を掲載している。そのほか注目記事として「『スケジュール管理』の基本・実践・応用」などがある。

第1特集では、音声認識アシスタントのSiriを搭載したHi-Fiスピーカ「HomePod」の詳細をレポートしている。家庭のスピーカを再定義する新デバイスはどんな魅力を持っているのか? 先行するAmazonやGoogleのスマートスピーカと何が違うのか? 気になるポイントを理解しよう。

第2特集では、Macの話題を中心にピックアップ。製品ラインアップが一新し、インテルの最新CPU「KabyLake」を搭載するなどして処理性能が大幅に向上したiMacを深掘りする。また、最大18コアの「Xeon」プロセッサを搭載可能な驚愕の性能を誇る「iMac Pro」や、同じくアップデートされたMacBookシリーズ、そして今秋リリースとなるmacOSの最新バージョン「macOS High Sierra」の全貌にも迫る。

第3特集では、12.9インチに加え、新たに10.5インチモデルが登場し、さらに進化を遂げた新型iPad Proにフォーカスを当てている。また、今秋リリースとなるiPhoneとiPadの最新OS「iOS 11」の新機能にも注目だ。「i」の世界がどのように広がるのか、その詳細を解説する。

第5特集「Mac[自分流]カスタマイズ」では、こだわりのMacを作る設定&チューンアップ術を取り上げている。なるべくバッテリを持たせたい、とにかく高速に使いたい、情報漏洩だけは絶対に避けたい、子ども専用の環境を作りたい、高音質で音楽を楽しみたい…等、Macに求めることは人さまざま。本特集では、そんな個々のワガママなニーズに対応する"極みのMac"の作り方を伝授する。自分だけの使いやすいMacにチューニングしてみよう!

Mac Fan最新号の詳細は、Mac Fanホームページから確認できる。