(株式会社ベンチャーバンク)

写真拡大

 リハビリ・機能訓練型デイサービス「ゆずりは」 では日常生活動作(ADL)の機能向上を目指した新しい筋力トレーニング法『暗闇シニアエクササイズ』 を実施している。最年少73歳、最高齢88歳の高齢者13名が参加し、暗闇の中マイケル・ジャクソンの楽曲に合わせて、エクササイズを楽しんだようだ。

 「ゆずりは」では暗闇が持つ非日常感、周りを気にせず体を動かす達成感、皆と盛り上がる一体感を、参加者に体感してもらい、運動へのモチベーションUPと習慣化につなげることを目的に「暗闇シニアエクササイズ」を実施している。

(株式会社ベンチャーバンク)

 手足を動かしながら声を出すことで、脳トレの要素もあり認知症予防、日常生活動作(ADL)の機能向上にも効果が期待される。明るいところでは、周りと自分を比べたり間違ったら恥ずかしいという思いから、動きが小さかった参加者も、暗闇ではその気持ちが軽減され思い切り体を動かすことも。

 また暗闇という非日常を体験することで、楽しく、明るい気持ちになり、BGMも洋楽ヒットソングでエクササイズすることで気持ちも若返る。次回はレディー・ガガの楽曲なども使用する予定もあるという。

(編集・大道修)